学生がカードローンを使うために

学生がお金を借りるとなると学生ローンしかないと思われがちですが、学生ローンではなく大手の消費者金融や一部の銀行カードローンでも、学生の借り入れは可能としています。

学生が借りるための条件は特に難しいものではなく、各サービスが定める20歳以上などの年齢の範囲内であり、アルバイトによる安定した収入があれば申し込みができ、審査の結果次第でお金が借りられます。

学生だからと厳しい条件が定められているわけではないので、20歳以上でアルバイトをしている学生の方なら、大手の消費者金融であるプロミスモビットアコムといった有名どころのカードローンを利用できる可能性があります。

未成年の学生は借りられない

今では大手の消費者金融で利用条件を20歳以上の安定した収入がある方に限っているので、学生であるかないかは別として、未成年のカードローン利用はできません。20歳以上ならアルバイトによる収入がある学生、パートによる収入がある主婦の方など幅広く利用ができます。

銀行の場合にはカードローンの審査基準が厳しいので学生が借りるのは難しいのが事実ですが、消費者金融であれば大手であるとしても、安定したアルバイト収入を得ている20歳以上の学生の方なら、審査の通過にも期待が持てます。

ただ、学生はあくまで勉強が仕事とも言えるため、正社員として働いている方などと比べると限度額は小さくなります。少額の融資に留まりますので、大きな金額を借りられるとは考えない方が良いでしょう。

学生に人気のカードローン

学生ローンは何だか怪しい、借りても大丈夫なのかと不安に感じるのであれば、以下の学生に人気の大手消費者金融カードローンの利用を考えてみましょう。大手なら初めての方でも安心して借りられ、急な出費にも最短即日融資で対応をしてくれるので助かります。

以下の学生に人気の各カードローンは、利用条件として20歳以上のアルバイトによる安定した収入をお持ちの方に限るため、親からの仕送りのみで生活をしている、不安定な日雇い派遣などの収入のみとなる学生の方は利用ができません。

固定したアルバイトの勤務先がある方でないと審査通過はほぼできないので、しっかりと確認をしてから申し込みを行うようにしてください。

第00位
★★★★★
プロミス
ネット申し込みで最短30分の審査回答、平日14時までのWeb契約なら来店不要即日融資も可能な人気カードローンです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
急ぎで借りたい学生の方に人気のプロミスなら、スマホからでも最短30分の素早い審査回答で急ぎで借りたい場合に頼れます。平日14時までのWeb契約完了で利用できる来店不要の銀行振り込み融資の他に、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、土日でも24時間最短10秒振り込みの瞬フリの利用もできます。
第00位
★★★★★
モビット
審査までの入力項目が他の消費者金融より少なく、素早く申し込みができる点が大きな魅力です。
モビット
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~18.0%1~800万円10秒事前審査最短即日
モビット
最終的な入力項目数は他の消費者金融と大きな違いはありませんが、審査を受ける段階までであれば少ない項目数で進められる点が大きな魅力です。通るかは受けてみないと分からない審査の段階までは入力項目が少ないのは、時間や手間を無駄にせずに申し込みができる大きな魅力があります。

学生の利用は20歳以上でアルバイトによる安定した収入が必要となります。不安定な収入では審査に通りませんので、申し込みは控えてください。

カードローン審査の注意点

学生がカードローンの審査を進めるにあたっては、申し込み前にいくつか確認をしておきたい点があります。カードローンは申し込みをすれば誰でもお金が借りられるものではなく、審査に通過しないと利用ができないため、無駄な申し込みとしないためにもしっかりと確認をしてください。

基本中の基本ですが、カードローンの審査は信用情報が重視されます。信用情報機関に記録がされている情報を元に審査を行うため、何らかのネガティブな情報の記録があると審査結果にも悪影響が出てしまいます。

信用情報はカードローンやクレジットカードなどの信用に関わる契約内容が記録されており、支払いが遅れるなどの問題を起こすと一定期間は情報が残ってしまいます。また、スマートフォンを分割払いで購入した場合、本体代金の支払いが残っている段階で毎月の携帯料金の支払いが遅れると、やはり信用情報には傷が付きます

最近ではスマートフォンの割賦契約が残っているにも関わらず、毎月の携帯料金の支払いを滞らせてしまい、信用情報に遅れに関する情報が大量に記載されてしまう学生の方も少なくありません。

カードローンやクレジットカードの支払いは遅れたことがない、それどころかカードも今まで持ったことがない学生の方でも、上記の理由によって審査落ちとなることも珍しくないのです。

本体代金の支払いが完了していれば毎月の携帯料金の支払いで信用情報は汚れませんが、本体の代金が残っている間は、一日でも支払日は遅れないようにしましょう。

返済計画はしっかりと立てる

審査に通過ができてカードローンの利用が可能となっても、限度額いっぱいまですぐに借りるのはあまりおすすめできません。カードローンは借りた金額に対して利息が発生するため、必要のないお金を借りてしまうと返済時の利息負担が大きくなります。

カードローンの利用は必要最低限に留めておき、借りる際にはしっかりと返済を見据えて利用をしなければなりません。大きな金額を借りなければ毎月の返済金額も大きくはなりませんので、なるべくなら少額の利用が良いのです。

契約をしておけば限度額内で繰り返し借りられるカードローンは、お金に困ったときに大変便利な頼れるサービスとなります。しかし、その分だけ必要以上に借りてしまう場合もありますので、よく考え、自分にとって必要な金額だけ借りるようにしましょう。

プロミスを例に挙げれば、借り入れ残高が5万円以下なら毎月の返済は2,000円となります。少額利用なら少額返済でコツコツと進められるので、学生の方はあまり大きな金額を借りない方が良いのです。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る