カードローンの返済負担

カードローンを借りる前には返済が気になるものであり、お金を借りたのはいいけど返済が出来なくなったらどうしようと考えるのは、言ってみれば正常な状態とも言えます。「もし」を考えずに借りられるだけ借りてしまうような切羽詰った状況では、近いうちに本当に返済が出来なくなります。

返済が出来なくなってしまえば信用情報にも大きなネガティブ情報が記録され、今後数年間はローンの審査はもちろん、信販系会社が絡む賃貸マンションの保証契約も結べなくなってしまうでしょう。
詳しくはブラックの弊害は借金以外にも生活に関わってきてしまう

そうならないためにも、カードローン利用時にはしっかりと返済を考えておき、いくら借りたらいくらの返済になるのか、その際の利息負担はどの程度なのかを知るべきなのです。知ればカードローンの返済は怖いものではありませんので、より安心してお金が借りられるようになります。

基本となる利息計算

カードローンの利息計算は基本は日割りとなります。借りた日数分のみの発生となるため、単純に借りている日数を短く出来れば、支払うべき利息金額も減る計算です。

とは言っても返済は分割の月々払いとすれば給料後に支払う方がほとんどのため、日数を短くして返済を続けるのは不可能です。日割り計算の利点を大きく感じ取れるのは一括払いの借り方であり、毎月の分割返済を進める場合にはそこまで気にしなくても良いでしょう。

借りた日数分の利息負担を算出するためには、少々面倒ですが以下の計算式に当てはめる必要があります。契約上の金利は全て「年率」「年利」となっているため、日割りとして表すためには仕方のないこととも言えます。

利息計算 = 借り入れ金額×金利÷365日×借り入れ日数

例えば10万円をプロミスの上限金利である17.8%で30日間借りた場合には、以下のようになります。

100,000(円)×0.178(17.8%)÷365(日)×30(日間)

電卓を弾いてみれば簡単に計算が出来ますが、上記の式で算出される利息は1,463円となります。10万円を17.8%の年率で30日間借りた場合に負担すべき利息がこの金額となり、返済時には元金分に加えて支払う必要があるのです。ちなみに、うるう年の際には計算式の「365」の部分が「366」となりますので、若干ながら利息に差が出てきます。

カードローンの月々の返済額

上記の計算式で出せる利息に加え、借りているお金の一部も毎月の返済として支払っていかなければなりません。どうしても返済金が足りない場合には、利息分だけでも支払えば見逃してくれるものですが、利息だけを払っていてもいつまで経っても返し終わらないので、ただただ無駄なお金を払い続けるだけになります。

無駄な支払いを続けないためにも毎月の返済額を知っておく必要がありますが、多くのカードローンサービスでは、借り入れ金額によって返済金額が変動するようになっているため、一律でいくらと決まっているわけではありません。

ただ、借り入れ金額による返済金額を知っておけば、いくらまでのカードローン利用なら余裕のある返済が出来るかが分かりますので、自身の返済能力を超えた借り入れをしないためにも、一つの目安として知っておくと良いでしょう。

上でも挙げたプロミスの場合には、17.8%の年率で10万円の利用なら毎月4,000円、20万円で8,000円、30万円で11,000円が最低返済額となっています。アコムの場合は18.0%の年率で10万円の利用で毎月3,000円、20万円で6,000円、30万円で9,000円と、借り入れ先によっても異なります。

低金利の銀行カードローン場合は更に返済負担は小さく、オリックス銀行カードローンでは30万円までの利用なら月々の返済金額は7,000円からとなっています。

カードローンの返済はしっかりと元金分も支払っていく必要がありますので、毎月の最低返済額を知り、余裕のある無理のない返済プランで順調な支払いを続けていくようにしましょう。

多くの返済を進めるのがコツ

毎月の最低返済額を支払日までに入金すれば問題はありませんが、最低額での返済では完済までに3年や5年といった長い期間がかかってしまいます。長期間の借り入れとなれば最終的な利息の総額も膨れ上がりますので、なるべくなら早くに返し終えるようにしたいものです。

フリーで借りられるカードローンでは、多くのところで上乗せや繰上げ返済も手数料がかからずに自由に行えるようになっているため、返済のコツとしては毎月の最低返済額は最も小さくしておき、余裕がある月には多くの支払いを進めるのです。

出費が重なったりして余裕が無ければ最低額の入金としておけば何ら問題はなく、逆に早くに返そうとして毎月の返済額を多くする契約にしてしまうと、出費が重なった月は不足入金となってしまい、信用情報機関にも不足のマークが記載されてしまいます。

最低返済額を小さくすることに対しては、金利が高くなるなどのデメリットは一切無く、自分で返済をコントロールできる分、寧ろメリットは大きいと言えます。ただ、小さな最低支払額に甘えてしまい、だらだらと返済を続けてしまうと大きな負担となるので、その点だけは注意が必要です。

計画的に使えば便利で安全

カードローンは利息が高い、怖い、危険などと言われますが、しっかりと返済を知って利用するのであれば、利息は安くも抑えられますし、来店不要で利用も出来るので怖くもありませんし、正規の金融会社で借りるなら危険なこともありません。

昔のサラ金やらマチ金やらと呼ばれていた時代とは違い、今のカードローンサービスは消費者金融でも銀行のグループになっていたり、東証一部上場のまさに信頼の出来る大企業と言える存在となっています。

自分自身が無理なく返済が出来る範囲でカードローンを利用するのであれば、返済の負担も大きくならず、計画的に借りていくのであれば、安心して利用出来る暮らしに役立つものとなるのです。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る