専業主婦でも即日融資も対応可

千葉銀行のカードローン「ちばぎんカードローン」は、千葉銀行の口座をお持ちの方であれば郵送物は不要となる、Web完結での手続きが出来るようになっています。文字通りWeb上でのカードローンの契約が出来るので、周りに内緒で借りたい方にとっても安心です。

申し込みの時間や審査結果次第では最短即日の融資も可能となり、急な出費時にも頼れるのも利点です。審査の結果によってはご希望に添えない場合もありますが、銀行からの借り入れは時間や手間がかかるとイメージされている方でも、千葉銀行カードローンのクイックパワーアドバンスなら素早く借りられます。

配偶者で安定した収入を持つ専業主婦の方も利用が可能となっているため、消費者金融系では利用がしづらい専業主婦の方でも、配偶者が安定した収入をお持ちであれば申し込みが可能です。

所得証明書は一切不要

地方銀行のカードローンでは所得証明を不要とする商品は多いですが、ほとんどは一定額まで不要とするものです。100万円まで、300万円までなどと所得証明の不要となる金額が定められており、超過する限度額については書類の用意をしなければなりません。

しかし、千葉銀行のちばぎんカードローンでは、金額問わずに所得証明書類の提出は一切不要としています。それでいて借り換えやおまとめにも使えるため、まとまった金額を低金利の千葉銀行で借りて、高い金利のカードローンからの乗り換えも可能となります。

おまとめや借り換え以外の用途にももちろん利用ができ、事業性資金を除く生計費の範囲内であれば自由に借りられます。レジャーや買い物の費用としても千葉銀行のカードローンは役立ち、困ったときに頼れるサービスとなるのです。

利用可能地域には注意が必要

頼れる千葉銀行のカードローンは、地方銀行であるために対象の地域が限定される点に注意が必要です。お住まいが千葉県、東京都、茨城県、埼玉県の全域、神奈川県の横浜市と川崎市の方、またお勤め先が指定の地域の方の利用に限られます。

対象地域内の方であればネットからの来店不要申し込みができ、地域内だとしても近くに本支店がない方も、素早くカードローンの手続きが進められます。

また、地域内であれば配偶者に安定した収入がある専業主婦の方でも利用対象となります。現在では貸金業法の総量規制の関係で専業主婦の方は消費者金融から借りるのが難しくなっていますが、千葉銀行カードローンであれば審査の結果次第で借り入れが可能となります。

対象地域外の方でも地方銀行のカードローンを利用したい場合には、全国対応の静岡銀行カードローン「セレカ」スルガ銀行カードローンのリザーブドプランでの借り入れを考えてみましょう。

第00位
★★★★★
千葉銀行カードローン
1年間で4万人以上の申し込みがされているちばぎんカードローンのクイックパワーアドバンスは、早い手続きで最短即日融資も可能です。
千葉銀行カードローン
金利極度額審査時間所得証明
年4.3%~14.8%最大500万円最短即日一切不要
千葉銀行カードローン
ネットでの申し込みから来店不要で手続きが進められる千葉銀行カードローンのクイックパワーアドバンスは、最短即日融資も可能なスピーディな対応も魅力となります。銀行だからこその金利での借り入れは借り換えやおまとめの一本化にも利用ができるため、多くの方にとって頼れるカードローンとなっています。

申し込みの時間や審査結果によっては、翌営業日以降の取り扱い、借り入れとなる場合があります。また、当日中の融資は指定預金口座への入金サービスを利用した場合となりますので、詳しくは千葉銀行の公式ウェブサイトでご確認ください。

申し込み前に簡単な診断で確認

カードローンで借りられるかは審査を受けてみないと分からず、千葉銀行のカードローンでもネット上で進められる申し込みをしてみないと借りられるかは分かりません。しかし、審査前の簡単な診断であれば千葉銀行の公式サイト上で行える「10秒クイック診断」で行えるので、まずは確認をしてみましょう。

文字通り時間をかけずに素早く診断結果が見られるものとなり、年齢、年収、借り入れ希望枠、他社借り入れがある方は年間の総返済額の4項目を入力するだけで診断結果が確認できます。あくまで診断となるので審査では異なる結果となる場合もありますが、申し込み前に短時間で目安が確認できるのは便利です。

診断でOK=審査でもOKとはなりませんが、逆に診断でNGとも言える「借り入れ可能かの判断ができない」といった結果となった場合には、千葉銀行カードローンの審査結果は厳しくなる可能性があります。

診断結果の画面では「申し込みを行えば詳しい情報から借り入れ可能かを判定する」といった表示がされますが、僅か4項目の入力となる診断結果で「借り入れ可能と思われます」の結果とならない場合には、千葉銀行カードローンへの申し込みは慎重になった方が良いでしょう。

カードローンの申し込みはできることなら、審査通過の見込みがあるときにだけ行いたいものです。申し込みの履歴は信用情報機関に半年間にわたって情報照会履歴として残るため、審査に通る見込みが無い申し込みは控えた方が良いのです。

保証会社による審査を行う

千葉銀行カードローンのちばぎんクイックパワーアドバンスでは、申し込み後の審査を保証会社のエム・ユー信用保証株式会社が行います。保証会社を利用する契約となるために担保や保証人は不要となり、保証料に関しては別途請求されることはありません。

保証会社の審査が必要となると難しく感じるかもしれませんが、特に手続きが面倒になったり時間がかかったりといったこともありません。千葉銀行の公式サイト上からカードローンの申し込みを行うと、そのまま保証会社が審査を行う流れとなるので、利用者側としては不便な点もありません。

銀行のカードローンでは千葉銀行に限らず、多くは外部の保証会社を利用する契約となるため、銀行では一般的な流れと言えます。例えばメガバンクからの借り入れとなる三井住友銀行カードローンでは、保証会社に大手消費者金融のアコムの名があります。

ただ、保証会社が無名なところ、見聞きしたことのない会社だと不安に感じる方もいるのも事実です。その点、千葉銀行カードローンの保証会社となるエム・ユー信用保証株式会社は、信頼の三菱UFJフィナンシャル・グループの保証会社となるために安心です。

金利の低いローン商品では別に保証料の負担がかかる場合がありますが、千葉銀行カードローンでは保証会社に支払う保証料を千葉銀行側が負担するため、利用者の保証料負担はありません。

毎月の返済金額がやや大きい

消費者金融の金利と比べて上限で数パーセントも低くなる千葉銀行カードローンは、金利から考えると毎月の返済金額が大きくなっている注意点があります。借り入れ残高によって決められている返済金額は、千葉銀行カードローンでは50万円以下の利用時に1万円の約定返済金額となります。

千葉銀行よりも金利で大きく劣る消費者金融のプロミスでは、10万円以下の借り入れ時に毎月の返済は4,000円、20万円の借り入れで8,000円、30万円の借り入れで11,000円と、少額を借りて少しずつの返済をしたい場合には優れています。

千葉銀行カードローンでは50万円以下と大きな括りになっているため、5万円を借りても10万円を借りても、月々の返済は1万円となってしまいます。返済金額が大きい分、金利水準が消費者金融よりも低い分だけ最終的な利息総額は千葉銀行カードローンの方が少なくなるのは言うまでもありませんが、毎月の返済を気にする方は要注意です。

他の銀行を見てみると、オリックス銀行カードローンは30万円以下の借り入れで7,000円、ソニー銀行カードローンに関しては10万円の借り入れで2,000円、50万円の場合には8,000円ずつの最低返済額となっています。

借りすぎには気をつける

来店不要で申し込みができ、契約後は千葉銀行だけでなく全国の提携金融機関やコンビニのATMで利用ができる千葉銀行カードローンは、便利だからと言って借りすぎないように注意をしなければなりません。

借りればその分だけ返済時の利息負担も大きくなり、借り入れ金額が大きくなれば毎月の返済金額も膨らんでしまいます。なるべく余裕のある返済でカードローンを利用するためにも、限度額があるからと余計に借りることはせず、必要最小限の借り入れに留めておくべきです。

千葉銀行カードローンは限度額の範囲内であれば、繰り返し何度でも借りられます。限度額に余裕があれば困ったときに素早くカードを使って現金が借りられるので、今後の利用を考えても借り入れは必要な分だけとしましょう。

利用実績や状況によっては、限度額の増額も可能となります。余裕を持った利用を行っていれば限度額の増額も可能となりますので、借りすぎには注意をして適度に利用をするようにしてください。

ページトップへ戻る