専業主婦にも対応するカードローン

福岡銀行カードローンは配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の方でも口座無しで申し込みが可能となるカードローンです。消費者金融での利用は申し込み条件の関係で難しい専業主婦の方も、福岡銀行カードローンであれば利用ができる可能性があります。

借り入れにあたっては配偶者への確認や同意などは不要となっているので、内緒での借り入れとなるのも良い点です。自身で収入を持つわけではないので大きな金額は借りられませんが、九州地方や山口県にお住まい、およびお勤めの専業主婦の方にとっては、福岡銀行カードローンは頼れる借り入れ先となり得ます。

返済を進める上で気になる金利も年3.0%~14.5%と低水準で、毎月の返済にも余裕が持てます。専業主婦に限らず月々の支払いを大きくできない方でも安心して借りられるので、対象地域内の方は福岡銀行カードローンでの借り入れを考えてみましょう。

口座がなくても申し込みができる

銀行のカードローンはそれまでの取引がないと利用ができないとイメージされている方もいますが、福岡銀行カードローンは福岡銀行での口座をお持ちでなくても申し込みが行えるようになっています。

福岡銀行の口座があればWebで完結する申し込み手続きが可能ですが、口座が無くてもネットでの申し込みと郵送での契約で進められるため、福岡銀行の店舗へは来店不要となります。

ただ、注意をしておきたいのは郵送での契約後の借り入れとなるため、どうしても初回の借り入れに関しては日数を要してしまいます。最短即日融資で借りられるといったわけではないので、できるだけ申し込み時には日数の余裕を持っておくと良いです。

どうしても今日中にお金が必要といった場合でローン契約機が近くにあるなら、全国対応の三井住友銀行カードローンや金利面では劣りますが審査や融資が早い人気消費者金融プロミスアコムの利用も考えられますが、福岡県を中心とする九州地方にお住まいの方は、できることなら頼れる地元の金融機関である福岡銀行からの借り入れを考えておきたいものです。

第00位
★★★★★
福岡銀行カードローン
福岡銀行の口座がなくても来店不要で申し込みが進められる、九州地方や山口県の方に頼れるカードローンです。
千葉銀行カードローン
金利限度額審査回答所得証明
年3.0%~14.5%10万円~1,000万円最短翌営業日300万円まで不要
福岡銀行カードローン
契約額が300万円以下までであれば原則所得証明は不要で手続きが行え、あれこれと面倒な書類を用意せずに申し込みが進められます。ネットでの申し込みと郵送での契約で来店不要となり、初回借り入れまでには日数がかかってしまいますが、契約後であればATMで素早く利用ができるために急な出費時の備えとしても頼れます。

限度額に応じて決められた金利

カードローンの多くは金利が上限と下限で大きな開きがあり、実際に借りる際にはどの程度の金利になるのかが分かりにくいです。低金利のカードローンだと思って借りたはずが、審査の結果で適用された金利がそこまで低くならずに期待はずれだったといったこともあるほどです。

しかし、福岡銀行カードローンは限度額によって金利が決められているので、借り入れの希望額を明確にしておけば適用される金利も明確になります。例えば150万円を借りたいと考えれば100万円超~200万円以下の限度額での金利で、年12.0%の適用となります。

いくら借りられるかは福岡銀行および保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社による審査の結果で決まるため、希望額通りに借りられるとは限りません。希望額を下回る金額での借り入れとなれば適用金利も変わってしまいますが、それでも予め適用され得る金利が明確になっているのは申し込み時点で安心ができるポイントです。

以下の表が福岡銀行カードローンで借りる際に適用される金利となっているので、希望する利用限度額でどの程度の金利になるのかを申し込み前に確認をしておきましょう。

利用限度額 適用金利(年)
10万円~100万円以下 14.5%
100万円超~200万円以下 12.0%
200万円超~300万円以下 10.0%
300万円超~400万円以下 8.0%
400万円超~500万円以下 7.0%
500万円超~600万円以下 6.0%
600万円超~700万円以下 5.0%
700万円超~800万円以下 4.0%
800万円超~1,000万円以下 3.0%

余裕が持てる返済金額設定

カードローンは借りた後の返済が重要となり、余裕を持って返済が進められるようにして借りないと後々で自分自身が困ってしまいます。返済ができなくなると大きな問題となりますが、福岡銀行カードローンでは借り入れ金額に応じた毎月の返済金額設定で余裕が持てるようになっています。

大きな金額を借りなければ限度額がいくらであるとしても、一月あたりの福岡銀行カードローンの返済金額は大きくなりません。例えば5万円だけ借りるとすれば、約定返済金額は2,000円となっています。

2,000円ずつの返済であれば専業主婦の方でも無理なく返済ができ、毎月の福岡銀行カードローンへの返済があっても生活をそこまで圧迫もしません。余裕があるときには約定返済に加えて任意での随時返済も可能なため、積極的に返済を進めれば毎月の返済金額が少ない借り入れであるとしても返済期間が長期化することもないのです。

借入残高 返済金額 借入残高 返済金額
2千円未満 全額 200万円超
300万円以下
40,000円
2千円以上
10万円以下
2,000円 300万円超
400万円以下
50,000円
10万円超
20万円以下
4,000円 400万円超
500万円以下
60,000円
20万円超
30万円以下
5,000円 500万円超
600万円以下
70,000円
30万円超
40万円以下
8,000円 600万円超
700万円以下
80,000円
40万円超
50万円以下
10,000円 700万円超
800万円以下
90,000円
50万円超
100万円以下
20,000円 800万円超
900万円以下
100,000円
100万円超
200万円以下
30,000円 900万円超 110,000円

口座の有無による二つの返済方法

福岡銀行の口座がなくても申し込みも利用も可能ですが、口座を開設しない場合には直接入金型によるカードローンの利用となります。借り入れに関してはどちらもATMでのカード利用ですが、返済は福岡銀行の口座の有無によって方法が異なります。

福岡銀行の口座をお持ちの場合

福岡銀行の口座をお持ちの方は、毎月指定の返済日に返済用預金口座から返済金額が引き落とされます。口座の残高にさえ注意をしておけば返済のうっかり忘れも防げる上、返済のために都度ATMまで行く必要が無いので手軽です。

福岡銀行の口座が無い場合

福岡銀行の口座をお持ちでない場合には、毎月の返済はATMでカードを使う、または銀行振り込みによる直接入金となります。返済期日は自由には設定できず、毎月14日までに約定返済額を入金する必要があります。

それぞれの返済方法は任意での随時返済にも違いがあります。福岡銀行の口座をお持ちの口座引落型で利用をされる方は、ATMでのローンカードによる入金が臨時返済扱いとなり、いつでもお金に余裕があるときには任意で返済が進められます。

対して福岡銀行の口座をお持ちでない方の直接入金型での利用の場合には、毎月14日までの返済時に約定返済金額以上を入金することで随時返済の扱いとなります。そのため、例えばお金に余裕があるとしても入金日を前倒しにしすぎると、すぐに次の返済が必要となる場合があります。

任意での入金も含め、返済の進めやすさは福岡銀行の口座を持っていると便利ですが、カードローン以外では口座を使う用途が無い、家族に借り入れがばれることを防ぐ意味でもできれば口座は持ちたくないといった方でも、不便にはなりますが口座無しでのカードローン利用も可能です。

福岡銀行の口座を使う返済の方法では、入出金履歴の扱いには気をつけてください。家族の方に福岡銀行の通帳を見られると、カードローンの利用が知られてしまう可能性があります。

直接入金型は手数料負担に注意

福岡銀行の口座を使わずにカードローンの利用を行う直接入金型での返済では、銀行振り込みにしてもATMでの入金にしても、手数料負担には注意をしておきたいものです。一回あたりの手数料額は少ないとしても、継続して返済を進めるカードローンの利用においてはトータルでの手数料負担が大きくなりがちです。

直接入金型ではどうしても負担がかかりやすい手数料ですが、銀行振り込みではどうにもならないとしても、ATMでの入金であれば利用するATMを選ぶことで手数料負担が抑えられるようになります。

福岡銀行カードローンの直接入金によるATMでの返済は、福岡銀行ATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMであれば手数料が無料となっています。その他にも様々な金融機関などのATMで返済が行えますが、手数料がかかるので注意が必要です。

かかる手数料が例えば一回あたり100円と消費税とした場合に、福岡銀行カードローンを36回の返済で完済するとすれば、単純にATM手数料だけで100円×36回で3,600円と消費税の負担となります。3,600円と聞いただけで十分に大きな金額ですが、福岡銀行カードローンでの上限金利が年14.5%と優れていることから考えると、借り入れ金額によっては多くの日数の利息分に相当する額を無駄にすることとなるのです。

熊本銀行親和銀行など様々な地元金融機関のATMでも返済が行えますが、利用する際には時間帯によっては手数料がかかる場合があるため、注意が必要なのです。

申し込み時に知っておきたい基本

福岡銀行カードローンはアルバイトやパートの方でも、九州地方や山口県にお住まい、およびお勤めで安定した収入をお持ちであれば申し込みができますが、アルバイトやパートの方では審査の結果が希望通りとならない可能性があります。やはり低金利の銀行カードローンとなるとアルバイトなどの方は申し込みができても借り入れは難しく、希望通りの審査結果とならない場合が多いです。

正社員や公務員などである程度の水準で安定した収入を得ている方に向けられたカードローンであるため、アルバイトなどで安定した収入はあっても金額が多くない方は、銀行のカードローンよりも無利息融資も可能な消費者金融を選んでおくのが無難でもあります。

ただ、専業主婦に関しては話は別です。配偶者が上に挙げたような正社員や公務員などで安定した収入を得ているのであれば、借りられる可能性があります。専業主婦でも借りられる銀行カードローンの特徴となっているので、アルバイトやパートでは利用が難しいとしても、専業主婦では可能性があるのです。

利用の際には一定額までの借り入れに制限されることはありますが、生活費としての利用や急な出費に対応したいときなどは、十分な金額が借りられるようになっています。

専業主婦でも借りられるその他のカードローンと比較
借り入れ先 金利 限度額制限
福岡銀行カードローン 年3.0%~14.5% 記載なし
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8% 50万円まで
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 50万円まで
静岡銀行カードローン 年4.0%~14.5% 50万円まで
じぶん銀行カードローン 年2.4%~17.5% 30万円まで
スルガ銀行カードローン 年3.9%~14.9% 記載なし
審査は福岡銀行と保証会社が行う

福岡銀行に限らずどの銀行カードローンでも同じですが、借り入れを行う際には銀行での審査に加えて別に定めている保証会社の審査にも通る必要があります。

二つの審査に通らなければならないのですが、これはあくまで銀行と保証会社側で行う手続きのため、利用者側としては銀行と保証会社の二つの審査があるからといって手間がかかるわけではありません。当然、銀行と保証会社の両方に申し込みを行う必要も無く、福岡銀行の公式ウェブサイトからの申し込みで銀行と保証会社による審査が行われます。

保証会社を定めているローン商品では金利とは別に保証料が必要となる場合がありますが、福岡銀行カードローンでは金利に含まれているために別途保証料の負担はありません。提示されている金利やATM手数料や振り込み手数料などを除けば、余計な手間も負担もなくカードローンの利用がができるようになっているのです。

福岡銀行カードローンの保証会社

福岡銀行カードローンの保証会社は大手カードローンサービスのプロミスでお馴染みの、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。現在はプロミスは企業名ではなくサービス名となっており、提供をしているのはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となります。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、多くの銀行カードローンの保証会社として審査を行っている信頼のサービスです。メガバンクの三井住友銀行のカードローンも、同社を保証会社として定めています。

申し込み前の1秒診断は使えるか

福岡銀行の公式ウェブサイト上には、カードローンで融資が可能かを診断できる「1秒診断」が設置されています。年齢を選択し、年収と他社の借り入れ金額を入力するだけで融資可能かの診断結果が確認できるのですが、僅かな入力項目だけあって診断結果はあくまで診断となります。

個人情報を入力するわけではないので審査とは異なり、1秒診断でOKとなっても実際のカードローン審査ではNGとなることも珍しくありません。1秒診断は申し込み条件を満たすとOKが出るようになっているため、診断結果は申し込みの基準を満たすかの確認には役立ちますが、審査の結果と結びつけるのはどうしても難しい面があります。

例えば年齢を20~29歳、年収を150万円、他社借り入れを2件で50万円とした場合には、1秒診断の結果は「ご融資可能と考えられます。」となります。しかし、実際にこの状況で福岡銀行カードローンへの申し込みをしたとしても、審査結果が希望通りになるかは何とも言えません。

1秒診断は最低限の申し込み条件を満たしているかの確認として使うのであれば良いのですが、借りられるか、審査に通るかの目安としての確認には使いづらい部分があります。審査で重要となる信用情報の照会も診断時点では個人情報を入力しない、同意もしていないので当然行われず、表示される結果を審査の目安とするのは難しいためです。

以下の1秒診断の結果を見ても分かる通り、ほとんどの状況で診断結果はOKとなります。NGとなる方が珍しいと言えるので、診断結果を見て審査に通るとは考えず、診断結果でOKであればまずは申し込みができると判断しておくと良いでしょう。。

1秒診断で入力をした際のOK結果一例
選択年齢 年収額 他社借入 診断結果
20~29歳 200万円 1件/100万円 OK
20~29歳 100万円 3件/50万円 OK
30~39歳 300万円 3件/200万円 OK
40~49歳 600万円 4件/500万円 OK
20~29歳 100万円 4件/2,000万円 OK

1秒診断結果で特徴的なのが、表の一番下です。年齢はいいとしても年収が100万円で他社借り入れが4件、総額2,000万円とおかしな状況ですが、診断結果はOKとなります。金額と件数を減らして2件で200万円としても、当然ながら同じく診断はOKとなります。

そもそも年収を超える借り入れを抱えてしまっていると、正常な返済が行えるかも難しいところです。例え今は何とか正常に返済が進められているとしても、今後の継続しての返済は未知数で、新規での借り入れは返済能力の関係で難しいと言えます。

逆にどのような状況であれば1秒診断で不可となるのかですが、単純に他社での借り入れ件数で判断しているだけです。上のように年収が100万円で他社借り入れが4件で2,000万円とふざけた内容でもOKが出るのに対し、年収を1,000万円で他社借り入れを5件100万円とすると、診断結果は「判断できませんでした。」と表示され、つまり診断ではNGとなるのです。

1秒診断で入力をした際のNG結果一例
選択年齢 年収額 他社借入 診断結果
20~29歳 1,000万円 5件/100万円 NG
30~39歳 2,000万円 5件/50万円 NG
40~49歳 3,000万円 7件/30万円 NG

単純に借り入れの件数で診断結果を判断しているだけであれば、審査の目安として使うには弱くなってしまいます。借り入れの件数を審査の基準に設けているのであれば診断結果も審査前の一つの参考にはなるのですが、審査の基準に関しては明確にされていないため、診断でOKだからといって審査でもOKになるとは言えません。

借り入れの件数については福岡銀行や保証会社側が診断結果と同じラインで定めている可能性はありますが、利用条件に書かれているわけでもないので断言はできません。その部分はあくまで福岡銀行と保証会社のカードローン審査基準によるため、何件だから大丈夫で何件を超えると厳しいとは分かりません。

ただ、1秒診断が件数によって可否を判定しているということは、審査基準でも件数を重視して見ている可能性があるので、審査通過の目安としてではなく最低限の申し込み基準を満たしているかの確認であれば、1秒診断は有用です。

時間も手間もかけず、個人情報を入力せずに素早く診断結果が確認できるので、福岡銀行カードローンで借りられるかは分からなくても、まずは1秒診断で目安を確認しておくと良いでしょう。

診断結果を簡易審査などと書いている情報サイトが見受けられますが、診断は決して審査ではありません。あくまで参考、目安として考え、診断結果を確認してから申し込みを進めてください。

借りた後の返済はしっかりと

申し込み後の審査にも通過ができ、無事に契約が完了した後は計画的な利用を心がけるようにしてください。限度額があるからと次々と借りてしまえば返済の負担が大きくなり、毎月の返済で生活を圧迫してしまう可能性があります。

限度額は何も借りなければいけない金額ではなく、借りられる金額となります。限度額内であれば福岡銀行カードローンは繰り返し何度でも利用ができるので、一度に全額を借りる必要はありません。必要なときに必要な分だけATMでの借り入れとすれば無駄がないので、困ったときに素早く借りるためにも限度額には余裕を持たせておく方が良いのです。

借りられるからとすぐに全額を借りてしまい、返済に困ることとなれば福岡銀行にも保証会社にも迷惑をかけてしまいます。かけた迷惑は信用情報のネガティブな項目として、または福岡銀行と保証会社のそれぞれの情報として保有される可能性があります。

銀行や大手の保証業務を行っているサービスに悪い情報を持たれてしまうと今後の生活にも何かと影響が出るので、福岡銀行に限らずカードローンを利用する際には返済をよく考え、無理のない範囲での借り入れに留めるようにしましょう。

計画的に利用をするのであれば、カードローンは便利で役立つサービスとなります。暮らしに便利な借り入れとするためにも、福岡銀行カードローンの利用は計画的に行ってください。

ページトップへ戻る