来店不要で手続きが進められる

近年では消費者金融だけでなく銀行もカードローンの手続きを来店不要で進められるようになってきており、北陸銀行カードローンのクイックマンにおいても銀行窓口まで行く必要が無く、手軽に契約まで完結できるようになっています。

カードローンの申し込みにあたっては北陸銀行の口座が無くても行え、対象となる地域も特に限定はされていないことから、近くに北陸銀行の店舗が無い地域の方でも、ネットでいつでも便利に申し込みが進められます。

審査結果の連絡後の契約は郵送やFAXで行えるために手間もかからず、契約後に発行されるローンカードはコンビニや提携金融機関のATMで幅広く使える、大変便利なサービスがクイックマンの特徴です。

アルバイトや主婦の方も対応

北陸銀行カードローンのクイックマンは、アルバイトやパートの方、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方でも利用ができるようになっています。健全な消費性資金としての利用であれば目的は問われないため、引っ越しの費用や何らかの買い物などでまとまったお金が必要なときにも助かります。

ただ、注意をしておきたいのは保証会社の審査です。北陸銀行カードローンのクイックマンは保証会社となるアコムの保証が受けられることが利用のための条件となり、アコムが定めるクイックマンの審査基準に満たないと利用ができません。

カードローン審査の基準は明らかにされていませんが、アコム自体で借りるよりも低い金利となる北陸銀行のクイックマンでは、申し込み内容によっては審査に通過ができない可能性もあります。

例えばアルバイトで収入が低すぎる、派遣先が安定せずに収入も不安定な方などは、安定した収入とは認められずに借りられない場合があります。金利が低い分だけ審査基準も厳しくなると考えられますので、申し込みは慎重に行うようにしましょう。

他社への返済が遅れている、約定返済額の入金ができていないといった方も注意が必要です。現状で正常な返済ができていない場合には、北陸銀行に限らずどこのカードローンも基本的に利用ができません。

すぐ分かる金利設定

北陸銀行のクイックマンは、他のカードローンとは違った特徴的な金利設定となっています。他のカードローンでは上限と下限で金利の差が設けられていますが、クイックマンは固定金利の年14.95%となり、いくらの借り入れでも年14.95%の適用となります。

金融機関のカードローンでは、金利情勢に合わせて利率が上下する可能性がある変動金利を採用しているところも多いですが、北陸銀行のクイックマンでは固定金利となっているので安心です。カードローン金利は住宅ローンのように金利が細かに上下することは稀ですが、それでも固定金利はリスクを減らせる金利と言えます。

また、カードローンの金利に幅が設けられていると、審査の結果を受け取らないと実際にどの程度となるのかが分かりづらいです。銀行のカードローンで多い限度額や極度額ごとに定められている金利であればある程度の想定はできますが、それでも限度額がいくらになるかは審査の結果によって決まるため、申し込み時点では何%の金利での借り入れになるのかは分かりません。

例えばメガバンクの三井住友銀行カードローンでは、極度額が100万円以下で年12.0%~14.5%、大きな金額となる300万円超400万円以下であれば年7.0%~8.0%の金利となります。

希望を300万円超とすれば申し込み時点で想定される金利は年7.0%~8.0%となりますが、審査の結果で極度額が100万円となれば、実際に借りる際の金利は年12.0%~14.5%となってしまいます。これではもともとの考えていた金利よりも大幅に高くなり、返済時の負担も増えてしまいます。

何も三井住友銀行に限らず、ソニー銀行にしてもイオン銀行にしても、オリックス銀行じぶん銀行といったネットサービスに強い銀行カードローンでも同様です。

地方銀行を見ても静岡銀行スルガ銀行千葉銀行などのカードローンでも金利は審査の結果によって決まりますが、北陸銀行カードローンのクイックマンであれば年14.95%と明確になっているので返済の計画が立てやすいのです。

予め借り入れの金利が分かっていれば、返済時の利息負担や完済までのシミュレーションもしやすくなります。計画的なカードローン利用の面でも、金利が分かりやすいメリットは大きいです。

おまとめとしても使える

他社でいくつかの借り入れがある方は、北陸銀行のクイックマンでおまとめとしてのカードローン利用もできます。多くの借り入れを一つにまとめられれば返済が楽になりますが、注意をしておくべきは金利負担です。

消費者金融で借りているのであれば、北陸銀行のクイックマンへの借り換えやおまとめで金利の低下は期待できます。しかし、他のカードローンが銀行からの利用である場合には、金利が下がらない可能性があります。

上にも挙げた通り、他の銀行カードローンは大きな金額で借りられれば金利が低くなるため、クイックマンの年14.95%では高くなるケースもあります。借り換えやおまとめを行ったのに金利が下がらない、といった状況では意味がないため、クイックマンでのおまとめや借り換えとしての借り入れを考えている方は、金利をよく見比べるようにしましょう。

クイックマンの初回融資額は100万円までとなるため、大きな金額のおまとめをいきなり行うのは難しいです。ただ、消費者金融のプロミスモビットなどから少額の借り換えやおまとめであれば、金利の低下に期待が持てます。

二つあるカードローンに注意する

北陸銀行ではクイックマンの他に、別のタイプのカードローンとなるスーパーNOWがあります。スーパーNOWはクイックマンとは金利も融資枠も異なり、利用条件に関しても異なる内容となっています。

手軽な手続きができるのはクイックマンで、条件次第で低金利となるのはスーパーNOWです。ただ、スーパーNOWは一定の金利引き下げ条件を満たした上で300万円超の限度額での契約、且つゴールドカードのタイプにならないと金利で優れず、通常タイプの300万円以下の限度額では年14.6%(引き下げ適用前)とクイックマンの年14.95%とほとんど変わりません

また、ゴールドカードのタイプは条件を満たした上での借り入れなら魅力がありますが、契約のためには来店をして窓口での手続きが必要となるため、どうしても手間がかかります。

北陸銀行のカードローンを利用する際には少額の手軽な借り入れならクイックマンから考えておき、給与振り込みなどで普段から北陸銀行を利用している方は、手続きは面倒となりますがスーパーNOWのゴールドも検討してみると良いでしょう。

クイックマンであれば来店不要で北陸銀行の口座がなくても手続きができますので、手間をかけずにカードローンの利用をしたい方にとっては、クイックマンが適しています。

ページトップへ戻る