一定以上の年数が必要となる

地銀のカードローンの中でも、若干ながら利用条件が厳しく設定されている大光銀行の「たいこうカードローンEX」は、居住や勤続年数に注意をしなければなりません。他の銀行では安定した収入があればOKとしている中で、大光銀行では多くの制限があります。

居住年数にしても現住所で1年以上、勤続は1年以上、自営業の方は営業年数が2年以上、そして所得は前年度の税込み年収が180万円以上が必要とされています。通常のカードローンでここまで制限がされているのは少々珍しく、他行のプレミアムタイプに匹敵するような利用条件となってしまいます。

金額次第で金利は低い

大光銀行たいこうカードローンEXの金利は、一律で固定となっています。限度額や極度額ごとに金利が変動するタイプではなく、契約金額問わずに一定で決まっています。

利用可能額にもよりますが、少額の利用であれば一定値となる金利は他のカードローンよりも低金利となり得ますが、逆に大きな金額を借りるとなると金利が高くなります。目安としては100万円をボーダーと考えるとよく、100万円以上の利用を検討している方は、大光銀行ではなく他の低金利カードローンを考えてみた方が良いでしょう。
公式ウェブサイトはこちら

地銀カードローンの注意点

大光銀行のカードローンやフリーローン、各種ローンに申し込みをする際には、対象地域には十分に注意をしておきましょう。地銀カードローンの多くは営業地域内にお住まい、お勤めの方を利用対象としているため、地域外の方は例えネットでの仮審査であるとしても利用が出来ません。

消費者金融よりも低金利で好条件となる場合が多いのが、地銀カードローンの魅力ではあります。しかし、日本全国の利用が可能としている商品以外は、申し込み前に利用可能地域に入っているかを公式ウェブサイト上や、または窓口でよく確認をしておきましょう。

変動金利はリスクがある

地方銀行のカードローンやフリーローンで多く採用がされている「変動金利」は、金利情勢によって適用される金利が契約中であっても変動する可能性があります。契約当初は低金利であったものが、金利の大幅な変動によって大きな負担となる可能性も決してゼロではありません。

ただ、変動金利タイプのカードローンは契約時点では金利が低くなっている商品が多いので、金利変動のリスクを吸収するためには、なるべく早めの返済、完済をしておくと良いでしょう。

大光銀行の各ローンの金利については、利用時点や契約途中でも、大光銀行のウェブサイトや窓口で随時ご確認下さい。利用条件についても変更がされる可能性がありますので、詳しくは大光銀行までお問い合わせ下さい。

大光銀行と比べるカードローン

大光銀行での借り入れだけでなく、他サービスのカードローンも考えるなら、以下から選んでみると良いでしょう。何れも人気の借り入れ先となりますので、それぞれのメリット、デメリットも含め、適するカードローンを見付けてください。

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る