歯並びを治したくてカードローンで借りた

私は子供の頃から歯並びが悪いのが悩みだったのですが、これは病気ではないし、仕方がないと半分諦めている状態でした。

しかし家の近くに審美歯科が出来て、その看板を毎日見ているうちに、治してみようと考えるようになりました。今のうちに治しておけば、一生歯のコンプレックスに悩まされることもないですし、人前で笑顔になるときも恥ずかしくないですからね。

実際に治療を開始したわけですが、歯の矯正にはかなりお金がかかるので、安月給の私ではそれを支払うのに精いっぱいで、生活費が足りなくなることも多々ありました。しかし途中で治療をやめるわけにはいかないので、当時の私はよくカードローンを利用していましたね。

主に借りていたのはレイクでしたが、審査が早くて、金利もそれほど高くないので、借りた分のお金は、次の給料日に必ず返済するように心がけていました。そのせいか、返済に行き詰ったこともないですし、給料日前には本当にお世話になりました。

今では治療も完了し、以前ほど生活に困ることもなくなりましたが、またいざというときには助けてもらうつもりです。
(40代前半女性)

目的に合わせて借りられる

カードローンの良さは何と言っても自由度の高さにあり、生活費としての利用も治療費としての利用も、自身の利用目的に合わせて借りられるのが魅力です。

申し込み時には一応は利用目的や資金使途を記入する欄はありますが、何もそこに書いた目的以外に使ってはいけないとする決まりもありません。お金が必要になる場面は様々であり、契約をして利用枠がある状態なら、生計費の範囲で自由に使えるのです。

最低限の利用条件とする「事業性資金には使えない」「ギャンブルとしての利用はダメ」とするものはありますが、生活を送る上で必要となる資金としての借り入れなら「生計費」に含まれますので、それこそ歯並びの治療でも何でも、目的に合わせて使えるのです。

助かる場面も多い

利用者の方のように、高額に治療費や医療費がかかる場合には、どうしても生活が圧迫されてしまいます。だからと言って中途半端に治療を止めてしまうのは良くないので、カードローンによる手軽な借り入れが役立つ場面も多いのです。

この方は借りたお金は次の給料日に必ず返済をするようにしていたとのことですので、利息負担もそれほど大きくはなっていません。カードローンは分割でダラダラと支払うと利息ばかりになってしまいますが、一括で返すようにすれば利息は微々たるものです。

いくら借りるかにもよりますが、5万円を15日間、18.0%の実質年率で借りていたとした場合には、利息は369円にしかなりません。これを12ヶ月の分割での支払いとなると、最終的な利息総額は5,008円(参考数値)ほどとなってしまい、大きな負担となります。

カードローンは一括返済が出来るような使い方であれば、高いとされる利息も節約出来るようになりますので、なるべく必要以上の金額は借りずに、最低限の分だけ借りるようにしましょう。

なるべく一括で返す

分割払い、リボ払いなどの返済計画を見ると、月々の支払い金額が少ないので「余裕じゃん」と思ってしまいます。しかし、一月あたりの出費が少ないだけで、最終的な利息総額は非常に大きくなります。

カードローンは便利なものですが、利息ははっきりいって馬鹿馬鹿しいものです。なるべく利息を減らすためにも、余計な利息の支払いをしないためにも、利用をする際には一括返済をベースに考えてみるのも悪くないでしょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る