カードローンデビューはプロミス

わたしがカードローンデビューしたのは、仕事が決まらずにアルバイト生活をしていてお金が必要になった時でした。初めてのカードローンで不安もありましたので、大手カードローンの中からCMなどでおなじみのプロミスを選んで、無人契約機に行きました。

誰とも会いたくなかったので、わざわざ郊外の無人契約機までいって契約したことを覚えています。

契約自体は審査も含めて、1時間もかからずに終わったように記憶しています。無人契約機といってもオペレータとやり取りをしながらの契約で、不安な点などもその場で聞いて答えを得ることができましたので、便利なサービスだなぁと感心しました。

契約が終わるとすぐにローンカードを発行してくれ、必要なお金を借り入れることができました。その後は毎月返済をして、1年数ヶ月後に完済した時は、肩の荷が下りた感じがしてとても嬉しかったものです。

今はさらにカードローンがさらに便利になり、金利も下がって利用しやすさでいうと当時よりも格段に向上したと感じます。最近も急な出費の際にコンビニATMから借り入れしました。上手に使えば本当に便利な生活のツールだと思います。
(30代後半男性)

今も昔も早い融資のプロミス

今では「プロミス」は会社名ではなくサービスブランドとなっていますが、融資の早さに関しては昔から変わることなく、寧ろ昔よりも更に早く手軽にカードローンが利用出来るようになっています。

早いと評判のプロミスの審査回答時間についても最短30分であり、自動契約機での手続き以外にもWeb契約で借りられるようにもなっています。Web契約で即日融資を利用するには平日14時までの契約完了が必要となりますが、午前中の申し込みであれば現実的な時間となりますので、急ぎの借り入れにも向いています。

無人契約機を使えば14時以降でも週末でも即日融資も利用できますが、やはり周りの目が気になるのも事実です。契約機内は外からは見えないようになっていますが、入るところ、出るところを誰かに見られてしまう可能性はあります。

Web契約では間に合わない、けど自動契約機に入るところは見られたくないと考える方は、プロミスのホームページから店舗情報の検索をしてみましょう。日本全国に1,000を超える店舗や契約機があるプロミスなら、少し離れたところでもすぐに一つは見付かるはずです。

自宅や職場から離れているところであれば、仮に契約機に入るところを見られても問題は無いでしょうから、安心して契約が出来ます。

返済を終える達成感がある

カードローンを利用して一括返済ではない分割での支払いとすると、毎月の返済は金銭面はもちろん、精神面にも負担となってきます。期日までにしっかりと支払わなければ信用情報事故情報が記載される場合もあるため、金額や返済日の確認をしなければならないためです。

払った分をまた借りられるカードローンの罠にはまらず、しっかりと返済だけをしていればいつかは完済が出来るものですが、長い年月をかけて払いきったときには、大きな達成感があるものです。一つの責務を果たすことが出来たと、とても嬉しいものなのです。

カードローンは借りる際には便利で助かりますが、借りた後には負担となる返済が待っています。よく考えて借りるようにしなければならない点を、忘れないようにしましょう。

ネットと契約機を併用する

プロミスの場合には、ネットで申し込みをして契約機でカードを受け取るといった、二つの方法をあわせた手続きも出来るようになっています。利点としては、ネットで審査を受けるために審査落ちなら来店の必要は無く、審査OKなら契約機を使うので土日でも即日融資も利用可能となる点です。
参考:プロミスを土曜日や日曜日に当日中に使うには

便利に使えるものはとことん使っていけば、プロミスで借りるカードローンはますます便利になっていきますので、当サイトに掲載をしている各情報をはじめとして、公式サイトだけでは分かりにくい部分もしっかりと把握しておくと良いでしょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る