カードローンに関することを中心に

お金を借りる際、カードローンを利用する際に気になることや、何となく感じたことなどを、情報の一つとして気楽に気軽に書き綴っています。主観的な文章も多く含まれるかと思いますが、他のページとは違い、堅苦しい文章ではなく、さらっと読めるような内容を心がけています。

カードローンを利用するにあたって、知っておくと役立つかもしれない情報もあるかと思いますので、ちょっとした暇潰しに、申し込み後の審査回答待ちの間にでもお読み下さい。

カードローンの戯言に関する記事一覧

カードローンを利用する際に適用される金利はいくら?

いくら借りればいくらの支払いなのか、借りる前に返済シミュレーションなどで計算をしましょうとは言いますが、借りる際の金利が分からないと返済の計画も立てられません。

はじめての契約時に設定される利用限度額が知りたい

お金を借りようと思ってカードローンに申し込みをしたのに、希望額より遥かに少ない5万円程度しか貸せないと言われてしまったら、果たしてどんな気持ちになるでしょうか。

年収1,000万円の人でもお金を借りているのは本当か

カードローンは所得が多くない方が中心となって使っているのは事実ですが、多くの所得を持つ1,000万円以上の年収の方でも使っているのも、また事実です。

女性のカードローン利用は珍しくなくなっている事実

女性の方がカードローンを利用する際には、「怖い」「不安」といった声が多く聞かれます。借りても返済が出来なくなったらどうしよう、もし払えなかったどうなってしまうのかなど、不透明な部分もあるために手を出しにくいのです。

複数の借金はおまとめローンより債務整理が良いとする意見

最近では「おまとめローンを使うよりも債務整理をするべきだ」とするウェブ上のコンテンツも見かけます。とても信じられない話ですが、果たしてどういったことなのでしょうか。

多くの業者に同時に申し込めばどこかから借りられる?

基本的なことではありますが、カードローン審査を受ける際には多重申し込みは控えるようにし、なるべくなら1社、1サービスに絞っておくようにしましょう。

信用情報機関とはそもそもどんな情報を扱っているのか

カードローンに申し込みをして審査を受けるとなると、必ず出てくるのがJICCやCIC、銀行なら全銀協などの信用情報機関です。

昔の滅茶苦茶だったカードローンの審査基準を振り返る

当時の消費者金融の最大手とされていたところは、支店ごとのノルマが厳しかったことも影響してか、とにかく新規への貸し付けも滅茶苦茶なものでした。

専業主婦がカードローンを利用するための条件とは

家事や育児、その他の家庭内のあらゆることを任される専業主婦の方でも、お小遣い程度にカードローンを利用したいときだってあります。

色々なローン商品が用意されている地方銀行が面白い

多くの商品、用途を限ったローンがあれば、目的が定まっている人はいくらか取っ付きやすいかもしれません。

限度額上限で借りている人は実際に存在しているのか

そもそも500万円も借りられるのでしょうか?また、借りられるとすれば借りるための条件はどうなっているのか、傾向から見てみます。

債務整理をすすめる法律事務所は果たしてどうなのか

特にここ数年で増えているのが「借金問題」に特化した、寧ろ借金問題ぐらいしか扱わない弁護士事務所です。

闇金なんて借りても返せばいいんでしょという勘違い

高い金利のために利息も考えられないほどの金額となり、一度でも闇金融に手を出してしまうとどうにもならなくなる場合が多いです。

消費者金融の従業員はいつも何をしているのか気になる

昔にあれだけいた消費者金融の従業員は、そして接客対応もほとんど無くなった今の仕事内容は果たして何なのか、少し気になるところです。

便利なカードローン利用が適さないケースを考えてみる

早い融資も可能となる借り入れ先も多いため、すぐに借りたいときにはカードローンは大変便利ではあるのですが、だからと言って決して万能なものではありません。

年末年始の各サービスの対応をよく確認しておこう

基本はカードローンはいつでもどこでも借りられるといった利点がありますが、年末年始に限っては話が別です。

住宅ローンが低金利でもカードローン金利は動かない

住宅ローンの金利が下がるのであれば、カードローンも同じローンだから金利が下がればいいのにと思うものですが、僅かも下がる動きを見せず、微動だにしません。

未成年がカードローンを利用するには厳しい時代になった

消費者金融においては大手のプロミスやアコムでは当然であり、中堅どころでさえも20歳未満の利用は不可としています。

良い闇金融などはこの世の中に存在しないと理解しておく

下手な希望を持ってしまうとトラブルの元にもなりますので、闇金融は悪でしかないとしっかりと認識をしておきましょう。

多くの消費者金融に用意されるスマホアプリの実用性

スマホ利用者の増加に合わせてか、今では消費者金融の大手サービスでは大体のところがスマホアプリを用意しています。

カードローン利用は目的ローン審査に影響を及ぼすのか

住宅ローンやマイカーローンなど、目的が限られているローンは融資金額も大きくなるため、審査基準も高く設定されるのです。

収入を増やしたいからと怪しい情報商材に騙されない

サイドビジネスと言っても様々なものがあり、ノウハウも無いとなると何から手をつければいいのか、何が儲かるのかが分かりません。

ブラックの弊害は借金以外にも生活に関わってきてしまう

ブラックになることを選択して債務整理をしたとしても、今後に借金をしなければ影響はほとんどないでしょ、と軽く考えている方は多いです。

カードローンの審査に落ちる人の特徴と傾向から見る対策

現在のカードローン審査に落ちる方にはいくつかの特徴や傾向も見受けられるものですので、自分が該当していないか、改善出来るところはないかを今一度確認してみましょう。

良いことばかりではないおまとめローンの落とし穴に注意する

最近、テレビのコマーシャルやインターネット広告などで目にする機会も多い「おまとめローン」。毎月の返済金額を減らすことが出来るので、借金問題に悩んでいる人にとっては、まさに渡りに船です。

10万円を借りるときに適するのは消費者金融か銀行か

多くを借りればそれだけ返済時の利息負担も増えるため、必要最低限のカードローン利用として、10万円前後の借り入れに留めるのは賢い使い方とも言えます。

おまとめローンの審査に通らない主な原因と対処法

多く抱える借り入れを1社にまとめて返済を楽にする「おまとめローン」は、総量規制施行後の今となっては利用者も増えていると言われています。

契約機に行く前に事前にネットで申し込みをしておく利点

より早くに手続きを終えてカードを受け取りたいのであれば、自動契約機に行く前にネットで申し込みをしておくと良いです。

デート代が無いならキャッシングで借りるのも一つの手?

デートの最中でやっぱりお金が足りない、手持ちのお金が無いから割り勘にしてとも言いづらいので、やはりある程度のお金は持っていないと心もとないとも言えます。

新車や中古車を買う場合のカードローンの利用価値と注意点

新車も中古車も、車を買うなどの目的が決まっている場合にはマイカーローンをはじめとする目的型のローンを使うのが基本ですが、審査に通らなければ話が変わってきます。

所得証明書類や収入証明が不要で借りられるカードローン

カードローンの申し込みをする際、一定額以上の契約となる際に必要となる収入証明書類は、いきなり「提出してください」と言われても、すぐには用意が出来ない場合も多いです。

カードローンでお金を借りる借金は悪いことなのか

一昔前に比べれば消費者金融のイメージも良くなったとは言え、それでもカードローンによる借金に対する印象はそこまで良いものではありません。

消費者金融の満足度は意外にもそこまで低くない

突然ですが、消費者金融のカードローンを利用している方は、今現在の借り入れ先に満足しているでしょうか?

友人や知人からの紹介でも借り入れ先選びは慎重に

友人や知人からの紹介であるとしても、借り入れが簡単に行える場合には注意が必要です。審査が無い、あってもほとんど無いような手続きの場合には、怪しい闇金融である可能性が高くなります。

40代・50代・60代に人気の低金利カードローンはどれか

カードローンの利用者は若者が中心といったイメージがありますが、40代や50代、または60代の方でもカードローンによる借り入れを利用しています。

フリーローンはおまとめや借り換えに向いている

カードローンとは異なるフリーローンは、カードを使わずにお金を借り入れる別の借り方となるキャッシングローンです。混同してしまう方もいますが、カードローンとフリーローンは別物となります。

扶養に入っていてもカードローンで内緒でお金が借りられる

扶養の方がカードローンで借りるためには多くはなくても自身で安定した収入を得ているか、または配偶者に安定した収入があることが条件となります。

規模の小さな中小の消費者金融を利用する際の注意点

消費者金融と聞くとまずイメージするのがプロミスやアコム、モビットなどのTVCMでも見かけるような大手ですが、消費者金融自体は大手以外にも数多く存在しています。

公務員の方に人気のある内緒で借りられるカードローン

アルバイトやパートの方と比べて審査で有利になるのは言うまでも無く、あくまで申し込み先の審査基準による部分はありますが、低金利カードローンとされる銀行での借り入れも視野に入るのが公務員の強みです。

ページトップへ戻る