ブラックになってでも整理すべきか

カードローンの返済が出来なくなって債務整理をしたり、一時的にでも借金の長期間に渡る支払いの滞納をしてしまった場合には、信用情報機関事故情報が記録されます。

ブラックと呼ばれる状態であるネガティブ情報が記録され、情報の種類にもよりますが、上記のような返済の大きな遅れに関するネガティブ情報の「異動」であれば、長ければ完済をしてから5年間は残り続けてしまいます。

返済は何とか出来ているけど、TVCMなどで弁護士が債務整理をすすめているのを見ると、ブラックとなったとしても依頼をして借金の整理をした方が良いように感じてしまう方もいることでしょう。

もしカードローンの返済が出来ていないなら、債務整理を進めて片付けないといつまで経っても異動が消えなくなってしまいますので、迷うことなく法律事務所に依頼をしてでも整理をすべきです。しかし、現状で支払いが出来ている方は、ブラックとなることを選んででも債務整理をすべきなのでしょうか。

今の借金が片付けば、もうカードローンもクレジットカードも作るつもりはない、近いうちに住宅ローンもマイカーローンも教育ローンも、ローンは何も組むつもりが無いなら有効に思える債務整理ですが、実際にはどうなのかをリアルに考えてみます。

デメリットは自分で調べる

ブラックになることを選択して債務整理をしたとしても、今後に借金をしなければ影響はほとんどないでしょ、と軽く考えている方は多いです。また、債務整理を依頼する法律事務所によっても細部までの説明はしないところもあり、借金は出来なくなるとの簡単な触りだけに留めたりもします。

なぜなら、あまりにもデメリットを強調してしまうと債務整理を断念してしまう方が出るためです。法律事務所としては依頼をしてもらって着手金、成功報酬とお金を儲けなければなりません。そのためにはあまりデメリットは強く言いたくはないのです。

自分でしっかりと調べる方であれば良いですが、何から何まで言われるがままに債務整理を進めてしまう場合には、本当に知るべきデメリットも知らないまま着手となってしまい、ブラックとなることによる思わぬ弊害で苦しむ可能性もあるのです。

「借金をしなければいい」は間違い

ブラックになるとカードローンやクレジットカードの契約がほとんど出来ないだけでなく、他にも借金とは関係ないようなところでも問題が出てきます。別のページでも書いているように、賃貸マンションの契約が出来ないなど普段の生活で困る部分もあるのです。

借金さえしなければいいと安易に考え、今現在の支払いが出来ているのに債務整理を進めたりしてブラックになってしまうと、様々な弊害に悩まされてしまいます。後から「やっぱり債務整理は無し」と言っても、債務整理自体は取り消せても信用情報機関に記録された事故情報は消せません

一度でも記録されてしまった金融事故に関する事実の情報は、保有期間を過ぎない限りは残り続けてしまいますので、債務整理をするかどうかを考えている方は、今後の生活も含めてよく検討をして下さい。

生活がいつ変わるか分からない

今はカードローンやクレジットカードの契約、ローンの予定が無いとしても、生活がいつ変わるかは誰にも分かりません。独身の方も結婚が突然に決まる場合もありますし、子供が出来てしまう場合もあるでしょう。

独身ならワンルームで十分だった住まいも、結婚をするとなればもう少し広い部屋に引っ越す可能性が出てきます。子供が出来た場合も同様で、マイホームの購入も視野に入れた人生設計が必要となる場合もあります。

その時点ではカードローンの利用があるとしても、返済が出来ているなら借金を打ち明けて何とか完済をするなら、半年程度の期間が経てばその後のマンション契約やローン審査に与える悪影響は大きくはありません。

人の生活はいつどのように変わるかは分かりません。ブラックになるのは本当に問題が無いのか、今後の暮らしを考える上でも困らないかを分かる範囲で考えてみましょう。

安易に考えるべきではない

信用情報は自分自身のそのまま「信用」を表す大変重要な情報となります。しかし、法律事務所のCMや弁護士のTV等への露出の増加により、債務整理がなぜか身近に感じられるようになっているため、信用情報が汚れてしまうことに対する危機感が薄れている印象を受けます。

債務整理は本来は安易に考えるべきではなく、今後の返済のプランを見た上で継続しての支払いが無理なら仕方無く行うものです。最終手段としての扱いであるべき債務整理が、簡単に借金の整理が出来る、返済が楽になるとのイメージで気軽に行われているのは、個人的にはどうにもおかしいのではないかと感じるものがあります。

支払いが出来なくなった、出来なくなりそうで返済で頭を抱えるぐらいならブラックになるとしても債務整理をすべきですが、今現在の返済が出来ているなら今後を見据える意味でも、判断は慎重になるべきです。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る