カードローンで車を買う

新車にしろ中古車にしろ、車を買うにあたってはローンを組む方が多いです。安い買い物ではない車は、一括で買えるだけの貯蓄を皆が持っているわけではありませんので、ディーラーで組むローンや金融機関のマイカーローンを使い、月々の返済として購入をします。

ただ、ディーラーローンしてもマイカーローンにしても、どちらも審査があります。審査の結果によってはローンが組めない、つまり車が買えない可能性もあります。新車も中古車も、車を買うなどの目的が決まっている場合にはマイカーローンをはじめとする目的型のローンを使うのが基本ですが、審査に通らなければ話が変わってきます。

一般的にマイカーローンは金利が低いため、審査の基準も厳しくされています。ただ、ディーラーローンの場合には車の所有権の関係もあり、審査はいくらか利用者の内容に合わせて結果が変わります。

それでも審査に通らない場合には別のローンを利用し、車の購入を考える場合もあります。その際に候補に挙がるのが、カードローンによる借り入れでの新車、または中古車の購入です。

消費者金融の借り入れは向かない

ディーラーローンもマイカーローンも審査に通らず、カードローンであれば借りられそうと考えるなら、カードローンで借りたお金で車の購入をしても良いでしょう。ただ、まずはじめに知っておきたいのは、車の購入などの明確な目的がある場合には、消費者金融のカードローン利用は適しません。

大きな理由としては金利が高い、希望額が借りられないといったあたりです。消費者金融は大手のプロミスアコムだとしても、初回の融資枠は20万円前後となる場合が多いです。少額の利用となるので金利も高く、上限金利である17.8%や18.0%が適用されます。

これではとても新車どころか中古車も満足に選べなくなってしまいますので、消費者金融のカードローンによる車の購入、まとまった借り入れは検討も出来ません。

中古車なら銀行で検討をする

消費者金融よりも高限度額、低金利が期待出来る銀行のカードローンは、中古車の購入であれば検討が出来ます。もちろん中古車の購入金額にもよりますが、極端に高い中古車でなければ銀行のカードローンで買える可能性があります。

銀行のカードローンは限度額や極度額の契約によって金利が変わり、ソニー銀行カードローンイオン銀行カードローン、大きな枠で借りることを前提として考えるならオリックス銀行カードローンも、それなりに低い金利でお金が借りられます。

借りたお金は車の購入に使うだけでなく、購入にあたって必要となる様々な費用に利用ができ、ディーラーローンやマイカーローンよりも高い利便性でローンが使えます。ただし、いくら低金利の銀行カードローンとは言え、金融機関のマイカーローンよりも金利は高くなるので、注意が必要です。

また、審査の結果によっては希望額が借りられない可能性もあります。100万円を希望しても50万円の枠となっては車の購入自体が出来ないので、カードローンで車の購入は不確定な要素が多くなります。

カードローンは消費する資金として使う

消費者金融からの借り入れは特にそうですが、カードローンで借りたお金は消費性資金、つまり消費をするお金として使う場合が多いです。食費や支払いなどの生活費全般、レジャーや交際費、趣味の費用としてなど、大雑把な目的はあっても、車の購入といったように固定の用途を持たない借り入れがカードローンの使い方となります。

目的を持つ借り入れには借りられる額と金利を考えても適さず、便利なカードローン利用が適さないケースを考えてみるにも似た内容を書いていますが、カードローンはあくまで少額を使う際に向く商品となるのです。

新車にしろ中古車にしろ、車を買う際のローンとして利用をするのであれば、カードローンよりも先にまずはマイカーローンやディーラーローンを検討すべきです。金利の順で考えれば銀行などの金融機関のマイカーローン、ダメならディーラーローン、それでも厳しいようであれば銀行、消費者金融のカードローンとなります。

カードローンの利用目的は、車の購入でももちろん対応をしています。銀行で低金利で借りられれば便利ですが、それでもマイカーローンと比べると高金利となるので注意が必要です。

カードローンで買える範囲の車を選ぶ

銀行のマイカーローンもディーラーのローンも利用が出来ず、カードローンなら借りられる場合には、車に対しては贅沢をすべきではない状況と言えるのかもしれません。収入や借り入れ状況、その他の何らかの問題があるためにマイカーローンの審査が通らないため、無理をして車を買っても、ローンも車も維持費の支払いも出来なくなる可能性があります。

カードローンで車の購入をと考えている場合には、買える範囲の車を選ぶようにすべきです。消費者金融は金利が高く、限度額も小さいので車の購入自体に向きませんが、銀行のカードローンで車を買うなら、数十万円やせいぜい100万円程度の車にすべきでしょう。

1社だけだとお金が足りないからと、いくつものカードローンを利用して無理に車を買うなどの行動は、決して行うべきではありません。あくまで買える範囲で、無理のない返済で返せる範囲でお金を借り、車を買うようにすべきです。

カードローンの中には利用目的として、車の購入や教育資金と書かれているものもあります。たしかにそれらにも使えますが、目的がある借り入れなら目的ローンから考えてみるべきなので、金利面も考えて借りるようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る