扶養家族の方でも借りられる

先に結論から書いてしまうと、扶養家族の方でもカードローンによる内緒のお金の借り入れが可能です。この一行でページの説明自体が不要となってしまいそうですが、全ての扶養の方がカードローンを利用できるわけではないので、扶養家族で借りるカードローンの注意点や知っておきたい点などをつらつらと書いてみます。

まず基本として、扶養家族でも何でもカードローンの利用を考える上では自身の収入の有無が重要となります。収入がある扶養の方と収入が無い方ではカードローンの利用先も大きく変わり、そもそも無職の扶養の方ではカードローンの利用は不可能です。

専業主婦を職業とした場合には無職となるのはそのまま無職で、何もせずに収入も得ていない状態を指します。これではカードローンでお金を借りても返済能力が無いため、扶養であろうと無かろうとカードローンではお金が借りられません。

扶養の方がカードローンで借りるためには多くはなくても自身で安定した収入を得ているか、または配偶者に安定した収入があることが条件となります。基本条件としての何れかを満たしていないと、扶養家族でのカードローン利用は厳しいです。

収入が多くなくても借りられる

兼業主婦などで扶養に入っている方は多く、その場合には年収は一定額までに抑えられています。多くの収入を得ていないためにカードローンで借りられるのか不安に感じるものですが、消費者金融での借り入れであれば収入は多くないとしても安定していれば利用ができる可能性があります。

銀行でも年収の制限を設けていないところであれば申し込みはできますが、やはり低金利のカードローンとなる銀行では、収入が多くない扶養家族の方の借り入れは難しくなってしまいます。

申し込みができても審査に通らないとカードローンは何の意味もないため、短縮的に「申し込みができるから借りられる」などとは考えない方が良いでしょう。申し込みができるところを探すのも間違ってはいませんが、そもそも借りられるところでないとどうにもならない点は頭に入れておくべきです。

扶養の方が借りる際に気になる部分

扶養家族のカードローン利用で最も気にする方が多いのが、内緒で借りられるかどうかです。カードローン利用者の多くも内緒での借り入れができるかを気にしていますが、扶養の方では特に多いと言えます。

基本的にカードローンは大手サービスであればしっかりとプライバシーを守ってくれるので、トラブルでも起こさない限りはばれにくいです。ただ、あくまでばれにくいというだけであって、何らかの理由でばれてしまう可能性はゼロではありません。

よくネット上には「ばれないカードローン!」などと書かれているのを見ますが、100%ばれない契約など存在しません。郵送物を見られてばれる可能性、ローンカードを見られてばれる可能性、入出金明細を見られてばれる可能性、通帳の中身を見られてばれる可能性はどれも僅かながらあります。

ただ、100%ばれないことは無理でも、ばれにくくするカードローンの利用は可能です。扶養の方で借り入れがばれたくないのであれば、なるべくばれないようなカードローンの契約の仕方や利用を進めるべきです。

返済に関するトラブルを起こしてしまえば、契約や借り入れをどれだけばれないようにしても意味がなくなります。当ページにも記載をしている返済に関することもしっかりと頭に入れておき、借り入れと返済を計画的に進めるようにしてください。

ばれにくくする進め方

扶養の方に限らずですが、カードローンの申し込みはネットでの手続きがばれにくい基本です。各サービスの公式サイトから申し込みを行えば、誰かに見られず知られずに手続きが進められます。

審査の結果連絡はメールや電話となり、審査回答後の手続きはそのままWeb上でも、なるべく早くに借りたいのであれば契約機を使うこともできます。ただ、契約機での手続きは抵抗がある方も少なくないので、無難にWeb上での契約を進めておくと良いかもしれません。

契約前には在籍確認の連絡がありますが、基本的に在籍確認時の電話は本人以外にはサービス名は明かしません担当者の個人名で電話をかけてくるだけとなり、席を外していたりしてその場で電話が繋げないとしても、勤務先にいることが分かれば在籍確認は終わります。

Webでの契約後は後日の郵送でのカード発行となり、本人限定受取郵便で届けられます。このときにも封筒にはカードローンのサービス名は書かれておらず、借り入れ先によっては「事務センター」などのどこからの郵送物か分からないようにしてくれます。

それでもカードの郵送が困るとなれば契約機に取りに行くしかありませんが、契約機に入るのは抵抗があるならカードを郵送で受け取る以外に方法はありません。一部でカードレスのキャッシングサービスが利用できるところはあるものの、カードがないと何かと不便なためにあまり人気が無いのも事実です。

カードがないとこんなときに不便

カードレスの契約あれば郵送物もなくなりますが、その代わりに借り入れは銀行振り込み、返済は口座引き落としに限定されるなどの場合があるため、平日の夕方や夜などの銀行営業時間外や週末にお金が必要になっても、その場で素早く借りることができません。また、口座を利用する返済となると通帳に入出金履歴が記帳されるため、借り入れがばれる可能性が出てきます。

今の時代のカードローンはばれにくい

申し込みから契約まで進めたのであれば、あとは借り入れと返済です。今の時代のカードローンは何かとWeb上であれこれとでき、明細の確認においてもWeb上の会員専用メニューから行えます。

そのため、提携ATMでのカード利用や通帳への記帳のリスクはあるものの銀行振り込みでの借り入れを利用したとしても、その度に利用明細が自宅宛に郵送されることもありません。Web交付などのサービスが一般的となっているので、いちいち希望しなければ明細の郵送は無いのが基本です。

大手人気消費者金融のプロミスでは、明細のWeb交付のサービスとメールアドレスの登録をすると初回借り入れの翌日から30日間無利息となるサービスもあるため、ばれにくくするためにもお得に借りるためにも、明細はWeb交付としておくのが基本と言えるでしょう。

第00位
★★★★★
プロミス
扶養の方でも自身で安定した収入を得ていれば、来店不要で申し込みから契約まで可能となる信頼の大手人気カードローンです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
専業主婦の方となると利用はできませんが、自分自身で安定した収入をお持ちの扶養の方でも内緒で借りられるカードローンです。Web契約を平日14時までに完了すると来店不要の銀行振り込みでの即日融資も可能で、時間を過ぎている場合や土日であっても、Web申し込み後の契約機での手続きで当日中の利用開始も可能となっています。
第00位
★★★★★
プロミスレディース
女性のオペレーターが対応をしてくれる、女性にも安心の手続きが進められるプロミスの優れたサービスです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
基本的な借り入れの条件は通常のプロミスのカードローンと違いはありませんが、プロミスのレディースキャッシングでは対応をしてくれるオペレーターが女性となっているので、女性の方でも手続きが進めやすくなっています。女性専用ではなく男性の方でも申し込みが可能で、女性に対応をしてもらいたい方はこちらから申し込みを進めてください。

専業主婦の場合のカードローン利用

これまでは自身で収入を持つ方を中心とした扶養家族のカードローン利用として見ていましたが、自身で収入を持たない専業主婦の場合には話が変わってきます。と言うのも、現在のカードローンは自身で収入を持たないと利用ができるところとできないところではっきりと分かれているため、専業主婦の場合には借り入れ先の選定が必要となるためです。

カードローンは大きく分けて消費者金融と銀行があり、消費者金融は貸金業者となるために貸金業法の厳しい縛りを受けます。貸金業法には極端な借り入れを抑制するための総量規制があり、年収の3分の1までの借り入れに制限されていることで自身で収入を持たない専業主婦の方では利用ができなくなっています。

例外的に配偶者貸付と呼ばれる制度を利用して借りる方法はありますが、そもそも例外としての専業主婦の借り入れを認めている消費者金融は多くないので、専業主婦のカードローン利用先としての消費者金融は選択肢から外れます。

対して銀行は借り入れ先次第で専業主婦でも、配偶者の安定した収入で借りられるところがあります。以下に挙げる専業主婦対応カードローンは配偶者への確認や同意は取らずに内緒で借りられるようになっているため、専業主婦の方がお金を借りたい場合には参考にしてみましょう。

専業主婦でも内緒で借りられる銀行カードローン
借り入れ先
詳細
金利 審査時間 専業主婦
借り入れ額
ソニー銀行
カードローン
年2.5%~
13.8%
最短60分 50万円まで
イオン銀行
カードローンBIG
年3.8%~
13.8%
最短即日 50万円まで
じぶん銀行
カードローン
年2.4%~
17.5%
最短即日 30万円まで
余裕のある返済で借りられる

自身での収入はそこまで多くない、または持っていない場合には、月々の返済金額は大きく気になる部分です。借りたのは良いものの、いざ返済となった際に毎月の支払いが大きな負担となってしまっては何かと困ります。

そのため、扶養の方のカードローン利用では金利はもちろんですが、加えて毎月の返済金額もしっかりと見ておくと良いでしょう。カードローンは金利が低くても毎月の返済金額が少ないとは限らず、逆に金利が高くても毎月の返済が少額に抑えられているところもあります。

金利が低ければ利息が少なくなるために最終的な返済総額は抑えられますが、毎月の返済に絞ってみれば金利と返済額には関係はないと言えます。借り入れ先の返済条件による部分が大きいので、毎月の負担を抑えて借りたいのであれば約定返済金額に注目です。

借り入れ金額ごとの毎月の約定返済金額
借り入れ先 10万円借入時 20万円借入時 30万円借入時
ソニー銀行
カードローン
2,000円 4,000円 6,000円
イオン銀行
カードローンBIG
3,000円 5,000円
じぶん銀行
カードローン
2,000円
(年13.0%以上)
4,000円
(年13.0%以上)
6,000円
(年13.0%以上)
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円
扶養でもカードローンは利用可能

自身で収入持つ方も収入を持たない方も、扶養の方であってもカードローンは利用先をしっかりと選定し、基本的な情報を知っておけば問題なく利用が可能です。審査に落ちてしまうとどうにもなりませんが、自身で収入をお持ちの方なら収入が多くなくても安定していれば、収入が無い方でも配偶者にしっかりとした安定収入があれば問題ありません。

扶養の方が借りる場合に気になる内緒にできるかも大手サービスなら安心で、正規大手カードローンサービスを利用しているのであれば、言いふらしや無関係な方への取り立てなども起こりません。

しかし、下手なところから借りると思わぬトラブルに発展する可能性があるので、当サイトに掲載をしている大手消費者金融や有名銀行のカードローンなど、信頼のできるところから借りるようにしてください。

返済に関しても大手であれば負担を分散して一回あたりの返済が軽くなるようにしてくれているので、無理のないペースで返済が進められます。この点も扶養の方でも安心して借りられるポイントとなっているので、扶養家族のカードローン利用を考えるなら大手で決まりです。

大手以外のカードローンを利用すると何かと面倒なことが起こる可能性があるため、安心してカードローンでお金を借りるためにも大手での借り入れだけを考えるようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る