手間で面倒な収入証明書類

カードローンの申し込みをする際、一定額以上の契約となる際に必要となる収入証明書類は、いきなり「提出してください」と言われても、すぐには用意が出来ない場合も多いです。必ず必要となる免許証をはじめとする本人確認書類とは異なり、所得を証明する収入証明を常に持ち歩いている方はいないため、どうしても提出までに時間がかかってしまいます。

自宅でパソコンから申し込みをするのであれば、保管をしている給与明細や源泉徴収票など、カードローンサービスによって定める書類を用意して提出をすれば良いのですが、問題となるのは外出先でスマホから手続きをしている場合です。

ネットで来店不要、スマホから最短即日融資も可能としていても、収入証明書類の提出を求められてしまったのでは用意や提出に時間がかかり、その日のうちに借りられない可能性も出てきます。

なるべくなら早くに手軽にカードローンの利用をしたいと考えるのであれば、収入証明が不要となるカードローンの利用方法、利用先をしっかりと知っておくと良いでしょう。

消費者金融で共通する提出ライン

所得を証明する収入証明書類は、消費者金融では必ず必要となるラインが定められています。金額を問わずに利用の際には収入証明を必須とするモビットなど、独自に収入証明の提出を決めている消費者金融もありますが、多くは一定額以上の利用においては収入を証明するために源泉徴収票や、直近の給与明細を必要としています。

貸金業法によって決められているためにどの消費者金融も反することは出来ず、50万円を超えるカードローン契約となる場合、または他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどを含めて100万円を超える借り入れ総額となる場合には、収入証明を提出しなければなりません。

大手のプロミスアコムも、中堅どころや小規模な消費者金融も共通で、どこで借りるにも消費者金融のカードローンを利用するなら上記の金額を超える場合には収入証明は必ず必要となります。

消費者金融で収入証明不要で借りたいのであれば、50万円以下のカードローン利用に留める、金額問わずに必要とするモビットなどは避けておくと考えておくべきです。

審査の結果によっては、50万円以下の場合でも収入証明が必要となる場合があります。提出を求められた場合にはなるべく早めに用意をし、アップロード等で送信をしてください。

収入証明不要で大きく借りる

消費者金融はどこでも一定額以上となると必ず収入証明書類が必要となりますが、銀行のカードローンであればそれぞれの利用先によって収入証明を必要とするラインが異なるため、大きな金額でも不要で借りられる可能性があります。

いくつかの特徴のある銀行のカードローンを挙げてみると、希望額や契約額が300万円まで収入証明不要としているのがオリックス銀行カードローンソニー銀行カードローンイオン銀行カードローン地方銀行ながらも日本全国来店不要で対応が出来る静岡銀行カードローンのセレカとなります。

また、少額の限度額利用に留まりますが、口座を開設済みであればセブン銀行カードローンも書類は不要で手続きが出来るようになっています。

銀行は消費者金融と比べると申し込み時に面倒な手続きを必要とするイメージがありますが、実際には正しくありません。銀行の方が大きな金額まで所得を証明する収入証明書類を不要としているため、スマホからでも素早く進められるようにもなっているのです。

銀行のカードローンでも消費者金融同様に、審査の結果によっては定める金額以下でも収入証明が必要となる場合があります。提出の仕方はそれぞれの金融機関で異なりますが、多くはスマホのカメラで撮影したものをアップロードで良いとしています。

カードローンを何に使うか

カードローンを利用する際に気にする方も多い収入証明書類は、どのように借りるかによって用意をすべきかを考えておくべきです。通常の生活費としての利用、少しの借り入れであれば消費者金融でも銀行でも不要となる場合が多いですが、借り換えやおまとめローンとしての利用の場合においては、予め用意をしておいた方が良いでしょう。

銀行のカードローンでは、多くは借り換えローンやおまとめローンとしての利用も出来るようになっていますが、おまとめローン審査は大きな金額で行われるため、やはり収入に関しては重要な審査の項目となります。

300万円までは不要とするオリックス銀行カードローンの所得証明でも、または同額まで不要のソニー銀行カードローンの審査においても、満たないラインであってもおまとめローンとしての利用の場合には収入証明が必要となる可能性があります。

おまとめローンは債務整理ではない返済を楽にする借り換えの一種となりますので、今後の返済能力を見極めるためにも収入証明書類は必要となる場合があるのです。

収入証明提出時の注意点

契約を進める上で収入証明書類が必要となる場合には、どのような方法で手続きを進めれば良いのか、利用をするカードローンサービスの公式ウェブサイト上やコールセンターで確認をしてください。

ネット上での提出が出来る場合にはスマホやデジカメで撮影をして画像化したもの、またはスキャナで取り込んだものを指定のURLにアップロード、またはメールアドレス宛に画像を添付して送れば良いので手軽です。

ただ、注意をしておきたいのはスマホで撮影をする場合です。収入証明は細かな文字が書かれている書類となり、あまりにも離れて撮影をしてしまうと文字が読めなくなってしまいます。何でも提出をすれば良いものではなく、しっかりと書類の内容が確認できないと意味がありません。かと言って近すぎて全体が見えなくても、やはりNGとなってしまいます。

NGであれば撮り直して提出をし直せばいい、と考えるかもしれませんが、再び提出、送信をするとなると余計な時間がかかります。送信をしてすぐに確認をしてくれ、すぐにNGを出してくれるとも限らないため、急ぎでカードローンを利用したい場合には致命的なロスとなる可能性すらあるのです。

これは収入証明書類の提出に限らず、どこでも必要となる本人確認書類をネット上で送信する際にも共通をしています。鮮明に綺麗に撮影をするようにし、二度手間、三度手間とならないように気をつけておくと、素早いカードローン利用も可能となるでしょう。

収入証明を必要とするカードローンの契約では、書類として認められるものが利用先によって異なります。何が所得を証明する収入証明として有効なのか、しっかりと確認をしてください。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る