通りたいカードローンの審査

カードローンの申し込みをするなら、誰もが審査に通って借り入れをしたいと考えます。しかし、現在のカードローン審査は昔よりも厳しくなっており、貸金業法が改正される前ならザルだった審査通過も、現在では半数以上の方は通らなくなってしまっています。

借りにくくなったとも言われる昨今の消費者金融をはじめとするカードローンですが、昔から借りられる人は問題なく審査に通過していますし、しっかりとした収入を持っており、返済能力が認められる方なら、やはり問題なく借り入れが利用出来るようにもなっています。

現在のカードローン審査に落ちる方にはいくつかの特徴や傾向も見受けられるものですので、自分が該当していないか、改善出来るところはないかを今一度確認してみましょう。

どう頑張っても無理なケース

はっきり言って、審査に通る見込みが無い方のカードローン申し込みは無駄でしかありません。どうせ借りられないと分かってても、もしかしたらと微かな望みを抱いて申し込む方もいますが、通りもしない審査を受けても何の意味も無いのです。

寧ろ意味が無いだけまだマシとも言え、審査を受ければ申し込み履歴が半年間は信用情報機関に残るため、意味が無いどころか、今後数ヶ月間に渡って更に審査に対して不利な状況を自分自身で作り出してしまうのです。

そうならないためにも、現在の借り入れが年収に対して3分の1以上、または近いラインまで膨らんでいる方は、申し込みは控えた方が良いでしょう。

一部の銀行では「おまとめローン」としての利用が出来る場合もありますが、あくまで多くの借り入れをまとめるだけの借り方となるため、新たにフリーでの借り入れの利用は不可能です。おまとめ利用に関しては通常のカードローン審査よりも厳しくなるので、それなりの年収を得ていたり、信頼の出来る企業に長年勤めているなどの条件でも揃わない限りは、多くの借り入れを抱えている方の利用は出来ないでしょう。

厳しいことを書いてしまいますが、どう頑張っても無理な方のカードローン申し込みは無駄でしかありません。「借りられるかもしれない」などと実現しない期待を抱いて申し込みをしても、審査落ちで落胆をするだけですので、無理なものは無理だと諦めも肝心です。

借りられた可能性のあるケース

年収に対する借り入れがそこまで多くなくとも、カードローン審査に落ちる方がいます。年収もしっかりと安定しているのに落ちてしまう方は、なぜだか分からずに次から次へと申し込みをし、次々と審査落ちとなるのです。

これもやはり信用情報機関の「申し込み履歴」が影響しています。何らかの理由で一度カードローン審査に落ちてしまうと2社目以降では審査に悪影響が出ます。そこでも何らかの理由で審査落ちとなると、3社目以降では非常に厳しい審査となるのです。

収入も安定している、他社の借り入れも多くないなら本来は借りられるはずですが、1社目の申し込みの時点でたまたまどこかの返済が遅れていたり、または申し込み内容の不備によって審査に落ちてしまうケースも、少なからず存在しています。

2社目の申し込みでは返済の遅れも不備も無いとしても、1社目の審査落ちの情報は残っていますので、2社目のカードローン業者でもNG、同じく3社目以降もNGとなるといった具合です。

1社目のカードローン申し込み前に他社利用があるなら返済の確認をしっかりとし、申し込みに必要な入力内容も送信前によく確認をしておけば、余計な審査落ちは防げた可能性が高いです。焦って申し込みをするとミスを誘発しますので、カードローン審査は慎重に受けるべきなのです。

収入の大きなと審査結果

最近では銀行カードローンすらも年収の制限が撤廃される流れが来ているため、安定した収入があれば年収問わずに申し込みが出来るカードローンが増えています。アルバイトやパートの方にも入り口が開かれているわけですが、あくまで「申し込みが可能」なだけであり、審査結果はまた別の話です。

安定した収入があれば誰でも利用が出来るなどとすれば言い過ぎであり、当然ながらカードローンの審査では年収の高さ、収入の大きさは審査の材料としては見ています。極端な例ですが、毎月5万円のアルバイト収入だけの方と、毎月50万円の収入+年2回のボーナスを貰っている方なら、カードローン審査でどちらが有利かは言うまでも無いでしょう。

カードローンは借りれば返済をしていかなければならないわけですので、当たり前ですが安定したより多くの収入を得ている方が有利です。消費者金融ならまだしも、大手銀行のカードローンにアルバイト収入の方が申し込みをしたところで、通る可能性は低いと言わざるを得ません。

自分に合った審査を受ける

カードローン審査のポイントは、自身の状況にあわせた消費者金融や銀行を選び、申し込みをすることです。アルバイトの方なら大手銀行に無謀な挑戦はせず、消費者金融のカードローンキャッシングの審査を受けるようにするなどです。

ただ、配偶者に安定した収入のあるパート主婦の場合には、大手銀行のカードローンでも十分に融資も可能であり、アルバイトの方とはまた違った扱いになります。そのあたりも含め、自分に合うカードローンはどこなのか、審査落ちとなりにくい申し込み先はどのサービスかをよく選ぶ必要があります。

低金利や高限度額のカードローンは魅力がありますが、その分だけ審査も厳しくなります。いくら好条件でも借りられなければ意味がありませんので、自身の状況を含め、適する借り入れ先を見付けるようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る