カードローンとは異なるフリーローン

カードローンとは異なるフリーローンは、カードを使わずにお金を借り入れる別の借り方となるキャッシングローンです。混同してしまう方もいますが、カードローンとフリーローンは別物となります。

それぞれの大きな違いは「繰り返し借りられるか」で、カードローンはATMでカードを使う方法や銀行振り込みで、限度額の範囲内なら繰り返し借りられるようになっています。いつでも便利なカードローンに対して、フリーローンは繰り返しの借り入れが行えません。

融資枠を一度に全額借り入れ、その後は返済を進めていくだけとなるのがフリーローンです。カードローンに比べると何らメリットが無い借り方に思えますが、借金の返済を確実に進めたい方にはフリーローンの方が適しています。

借金を終わらせるならフリーローン

限度額内で繰り返し借りられるカードローンは、今だけでなく将来的にお金に困る状況があっても助かります。カードを作っておけば限度額内なら再審査も不要でATMや銀行振り込みで素早く借りられるので、緊急の要りよう時にも安心です。

ただ、カードがあればサッと借りられるカードローンは、その利便性が却ってリスクとなる可能性があります。カードで借りられる限度額を自分のお金と錯覚してしまい、返してもすぐに借りてしまっていつまで経っても借金が終わらない方もいます。

その点、フリーローンであれば繰り返し借りられないため、新たに他の借り入れ先を利用しない限りは、借金がそれ以上に増えることはありません。お金を借りたとしても余計に増やさずに返済を進めていきたいと考えるなら、カードローンよりもフリーローンです。

おまとめや借り換えにも

いくつかの借り入れを一つの借り入れ先にまとめるおまとめローンや、高い金利から低い金利に借り換える借り換えローンの利用は、カードローンでもフリーローンでも対応をするところであればどちらでも行えます。

カードローンで見てみると、金利で選ばれる三井住友銀行カードローン住信SBIネット銀行カードローン地方銀行静岡銀行千葉銀行北陸銀行などでは、何れもおまとめや借り換えとしての利用が可能です。

フリーローンも同様に借り入れの一本化や借り換えが利用可能で、ネットでの申し込みと手続きが進められるイオン銀行のネットフリーローンにおいても、おまとめや借り換えとしての利用に人気が集まっています。

繰り返し借りられないフリーローンは、カードローンよりも完済までの計画が立てやすいため、おまとめや借り換えなどの借金を終わらせたい借り入れに適します。

せっかく借り入れをまとめたのに返済をした分を借りてしまったり、低金利に借り換えたのに何度も借りてしまっているのでは、いつまで経っても借金が終わりません。フリーローンであれば繰り返しの余計な借り入れができないので、借金返済がいつまでも終わらないといった状況にはなりにくいのです。

おまとめや借り換えを行って借金の返済から決別したいと真剣に考えるなら、カードローンの利用よりもフリーローンが良いです。フリーローンで借りておまとめや借り換えを行い、返済を進めている間は新規の借り入れを作らなければ借金も終えられます。

第00位
★★★★★
イオンアシストプラン
来店不要で手続きが進められる、金利に優れるおまとめや借り換え対応のフリーローンです。
イオンアシストプラン
年利借入金額専業主婦所得証明
年3.8%~13.5%30万円~700万円利用不可300万円まで不要
イオンアシストプラン
利用条件を満たす方であれば、イオン銀行の口座がなくても来店不要で申し込みが進められるフリーローンです。健全な消費性資金としての生計費の利用であれば用途は縛られておらず、おまとめや借り換えローンとしての利用も可能なために目的に合わせて借りられます。返済も負担を分散して行え、余裕のある計画で借りられるのも利点です。
カードローンとの融資額の差

カードローンの限度額は極度額の範囲内で決められる契約が多く、審査の結果で極度額が50万円となっていても、限度額が20万円であれば現状で借り入れができる金額は20万円までとなります。

50万円までの極度額は今後の増額によって限度額が増える可能性がある金額となり、半年などの一定期間の正常な返済を含む利用実績を重ねることで、極度額の範囲内までで限度額が増える場合があります。

繰り返し借りられるカードローンでは、貸す側としてもリスクを考えて初回で大きな金額は貸し付けません。ある程度の利用状況を見た上で返済能力に問題が無いかを確認し、無理のない範囲で限度額を拡大して貸し付けを行うのです。

対してフリーローンは繰り返しの借り入れができないため、審査の結果によって決まった枠が全額融資されます。カードローンでの極度額にあたるような枠で借り入れが行えるので、フリーローンの場合にはある程度のまとまった金額が審査の結果次第で借りられます。

この点もフリーローンがおまとめや借り換えに向いている理由であり、カードローンでは限度額が足りずにおまとめや借り換えが行えない場合も、フリーローンなら対応ができる可能性があります。カードローンの限度額が足りずに細かな借金が増えてしまっては意味が無いので、借り入れの枠を考えてもフリーローンには良い部分があります。

消費者金融大手のプロミスアコムでは、カードローンの限度額が最高で500万円までとなっています。しかし、初回でいきなり500万円を借りることは難しいので、消費者金融利用時には少額の借り入れを想定しておいた方が良いでしょう。

今後の利用によって選ぶ

カードローンとフリーローンは、それぞれで利点と欠点があります。どちらが優れているかは借り入れの目的や用途、使い方によって決まります。

今だけでなく今後の要りように素早く対応をできるようにしたいのであれば、カードローンで借り入れを考えるべきです。カードローンなら消費者金融ランキング上位のモビットでも、ネット銀行のソニー銀行でも契約後は素早く手軽に借りられるので、困ったときに助かります。

逆に今後の利用は特に考えておらず、今にある程度の金額が必要といった状況であればフリーローンが良いです。マイカーローン教育ローンの代わりとしても金利によっては選択肢に入るため、おまとめや借り換えとしての利用以外にもフリーローンは用途があります。

どちらにしても基本的には資金使途は問われておらず、カードローンもフリーローンも生計費の範囲内であれば自由に使えます。生活費としての利用だけでなくレジャーや買い物の費用としても使えるので、計画的に借り入れを行って暮らしに役立てるようにしましょう。

カードローンとフリーローンは似ていても大きな違いがあるため、借り入れを行う際には反復利用ができるカードローンなのか、またはできないタイプのフリーローンなのかをよく確認してください。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短即日
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る