申し込みはネットで行いたい

大手の消費者金融なら大体はどこでも用意をしているのが、無人の自動契約機です。機械を使ったカードローンの契約をするものであり、店頭窓口での手続きとは違い、誰とも顔を合わせずに契約が出来るのが利点です。

営業日や時間も店舗よりも幅広く、週末の土日でも夕方や夜まで開いているところも多いことから、急な出費ですぐに借りたいとき、その日のうちにローンカードを受け取りたいときには大変役立ちます。

申し込みから審査、契約、そしてカード発行まで一連の手続きが出来る自動契約機ですが、何も全てのカードローン契約にかかる流れを、最初から最後まで契約機で行わなければならないわけではありません。申し込みは事前にネットで済ませられ、予めネット審査を完了させておく手続きも可能なのです。

ネットで審査を終えておく利点

より早くに手続きを終えてカードを受け取りたいのであれば、自動契約機に行く前にネットで申し込みをしておくと良いです。今では消費者金融の各サービスとも審査が早くなっていますが、それでも申し込みから審査回答までは最短30分程度となります。

大手で見てみても、プロミスの審査時間にしてもアコムの審査回答にしても、やはり最短30分となります。モビット審査においては10秒簡易審査となるので時間が短く見えるかもしれませんが、正式な審査回答となるとやはり時間がかかります。

ネットで申し込みをして審査を受ける場合では、プロミスやアコムの審査結果が出るまでの最短30分の時間は好きなことをして過ごせます。審査結果の連絡はメールとなる場合が多いため。例えば仕事の休憩中にスマホから申し込みをしても、気がつけば審査結果連絡が届いているのです。

しかし、契約機で申し込みをした場合にはそうはいきません。その場で申込用紙に事細かに直接記入をし、機械に入れて読み取ってもらい、審査結果が出るまで契約機内でじっと待たなければなりません。その間に利用規約などの確認をして下さいなどの案内があり、とにかくその場で待たなければならないのです。

契約機で申し込む最大の欠点

審査結果が出るまでの間、最短ですが30分間程度であれば待つのは苦痛ではないと感じる方でも、ネットで事前に審査を終えておく大きなメリットがあります。一部の消費者金融では契約機内にWi-Fiを設置しているなど、スマホで待ち時間を潰せるようにと配慮はされていますが、どうにもならない部分があります。

それは、審査落ちのリスクです。契約機で申し込みをしたとしても、誰しもが審査に通り、カードローンの利用が出来るわけではありません。昔の審査ならまだしも、現在の厳しい貸金業法によって縛られている消費者金融業界では、大手での審査通過率は50%にも満たないとする資料もあります。

わざわざ近くの契約機を探し、足を運び、面倒な申込用紙に記入までして審査を受け、その場でじっと審査結果を待ったにも関わらず審査落ちとなってしまっては、全ての時間も手間も台無しになります。折角そこまで行ったのになぜ貸してくれないのかと、やり場のない怒りすらも感じてしまうことでしょう。

こればっかりは、契約機で申し込みをする上でどうしても避けらないリスクです。もちろんネットで申し込みをしても、同様に審査落ちとなる可能性はあります。ただ、ネット審査の場合には上にも書いたように審査結果の連絡はメールか電話となりますので、通るか分からない審査のために、どこかに行く必要がありません。

また、申し込みの進め方にしても画面を見ながら文字に入力をするため、申し込み時点での面倒な書類への記入も必要ありません。

予めネットで申し込みをして審査を完了させておけば、万が一にも審査落ちとなってしまっても、時間も手間も無駄を最小限に抑えられるようになるのです。

審査完了後に近くの契約機へ

ネットで審査を完了させた後、その時点では仮審査となる場合が多いですが、OKであれば近くの契約機まで行けばその後の手続きを進められます。本人確認をはじめとする各種確認を終え、申し込み内容との相違が無いようであれば、無事にカード発行の運びとなります。

受け取ったカードはATMが備え付けられていれば、その場で手数料が無料で使える借り入れ先が多いです。一部の消費者金融では銀行のカードローン契約機でもカード発行を受け付けてくれますので、銀行に備え付けのATMを使う形もあります。ただ、この場合には利用手数料が発生する場合もあるので注意が必要です。

また、多くのカードローンサービスでは、契約機の営業時間よりも、審査回答可能時間の方が締め切りが早くなっています。予めネットで審査を完了させておけば、契約機に行く時間が遅くなるとしても、当日中のカード発行が受けられるようにもなるのです。

申し込み内容や時間によっては、審査回答時間内の手続きであっても、翌営業日以降の取り扱いとなる場合があります。契約機での手続きにおいても、翌日以降のカード発行となる場合もあります。

今の時代はネット審査

自動契約機が初めて登場したのは、アコムの「むじんくん」です。当時は店頭窓口でのカードローン利用が基本であったため、担当者と対面せずに契約が出来るのは画期的なものでした。

しかし時代は移り変わり、今では店頭窓口は日本全国に数えるほどしかなくなり、契約機を使わずにWeb契約による振り込み融資を利用する方も増えてきています。

銀行振り込みなら契約機まで行かずに、ネット上で全て完了がするのですが、借りられる時間や曜日がどうしても限られてしまうため、夕方や週末の土日に借りたいとなると対応が出来ません。そんなときに便利なのが、ネット審査後の契約機利用なのです。

大手の消費者金融であれば、自動契約機は日本全国に設置がされています。場所や営業時間は各サービスのウェブサイト上で確認し、利用をしてみるのも良いでしょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る