所得に関わらず利用される借り入れ

カードローンは所得の多くない方が、生活費や交際費、全てひっくるめて生計費として利用するイメージのある商品です。事実、消費者金融ではアルバイトやパートの方も多く利用しているため、所得が多くない方の利用者が多いものです。

しかし、今も昔も年収1,000万円以上のそれなりに高所得とされる方でも、カードローンの利用をしているとする話を耳にします。「カードローン業界が借りる人 = お金が無い人のイメージを払拭したいだけなんじゃないの」と疑いたくもなりますが、どうやら本当に年収1,000万円以上の方もお金を借りているようです。

それも、銀行のローンではなく、消費者金融のカードローンで、です。

資料で見る年収別利用者分布

初回限度額でも参照をしたアコムのIR資料には、新規契約者の年収別分布が載っています。これを見てみると、意外にも所得が多くて生活が安定していると思われる方も、カードローンの利用をしているのが分かります。

まずは本当かと疑いたくなる年収1,000万円以上の利用者。2001年3月期にはパーセンテージこそ1%と多くはありませんが、実際に利用者はいます。そして2015年3月期(第2四半期)の情報を見てみると、新規は0.6%と少ないですが、既存で見れば1.3%となっています。

アコムの無担保カードローンを利用している方の1.3%ほどは、年収1,000万円以上の所得を持つ方であり、決算資料なので嘘を書いているはずもなく、他の大手消費者金融も同様とすれば、年収の多い方でもそれなりにカードローンは利用していることになります。

その他、一段階下げた700万円~1,000万円を見てみると、2001年3月期には新規で4.7%となっていますが、2015年3月期(第2四半期)を見ると同年収で新規は2.4%、既存は5.0%となっています。

一般的に年収が700万円以上もあれば、それなりにゆとりのある生活が出来るレベルであり、カードローンとは無縁に思えます。しかし、アコムの利用者の中の6%以上の方はそれだけの年収を持っており、生計費としてカードローンを利用しているのです。

中~高所得の利用者の減少原因

アコムで最も多い年収は、200~500万円で60%を超えています。当然と言えば当然で、現在の平均年収が300~400万円程度であり、200~500万とすると平均年収が収まる範囲となりますので、利用者が最も多いのも当たり前なのです。

続いて多いのが200万円以下であり、アルバイトやパートの方の多くが分類されるところでしょう。

200万円以下も200万円以上も、2001年時から比べても全体で見ればそこまで利用者の比率は変わっていません。200万円以下が3%ほど増え、200万円以上が3%ほど減ってはいますが、合計で見れば大きな動きはないのです。

しかし気になるのは、上に挙げた年収700万円以上1,000万円以上の利用者です。いくら利用している方がいるとは言っても、数が減っているのでは「ごく一部が一部が利用しているだけじゃないか」と言われそうなものですが、そもそもの平均年収が下がっているため、年収の多い方自体が減っているとも考えられます。

ここで取り上げている2000年から2001年時には、サラリーマンの平均所得は454~461万円となっています。対して2013年時点での平均所得は、414万円です。近年で最も低かった2009年の406万円からは持ち直してはいますが、昔に比べれば収入が減っているため、高所得者自体が少なくなっているのです。

収入が多くてもカードローンを使う

カードローンは所得が多くない方が中心となって使っているのは事実ですが、多くの所得を持つ1,000万円以上の年収の方でも使っているのも、また事実です。やはりカードローン特有の手軽さ、限度額の範囲内で繰り返し利用出来る利便性は他には無いものであり、所得の高低関わらず便利に使えるものなのです。

もちろん利用時の計画性については収入高低関係なくしっかりと持つべきであり、逆に所得の多い方は限度額も大きくなりがちなため、借りすぎてしまうと最早どうにもならなくなる場合もあります。

それこそ借りすぎてしまって自己破産となってしまうこともありますので、年収の多い少ない問わず、カードローンは計画的に利用すべきです。

初めての利用は銀行も検討を

アルバイトやパートの方では少し厳しいですが、ある程度の所得を得ている方なら、まずは銀行のカードローンからの検討が良いでしょう。銀行なら消費者金融よりも低金利の商品が多く、安定したそれなりの所得があれば、審査でも評価される可能性があります。

いきなり消費者金融で借りてしまうと、今後の銀行カードローン審査で不利になる場合もあるため、まずは銀行から考えてみて、総合的に判断して利用するカードローンを決めるようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る