おまとめローンの欠点

最近、テレビのコマーシャルやインターネット広告などで目にする機会も多い「おまとめローン」。毎月の返済金額を減らすことが出来るので、借金問題に悩んでいる人にとっては、まさに渡りに船です。おまけに、総量規制の対象外と言うこともあり、ある程度多額の借金を抱えている人でも対象となります。

おまとめローンの広告を見ていると、「毎月の返済が楽になる」「返済を一本化できるので精神的にも楽になる」と言うようなメリットがとかく強調されています。

しかし、全ての事柄には表と裏があります。おまとめローンにもメリットがあるのであれば、当然ながらデメリットもあります。今回は、そういったおまとめローンのデメリットについて見ていこうと思います。

返済が楽にならない場合も

おまとめローンがなぜ返済を楽にするのかと言えば、それは金利の高いローンから金利の低いローンに借り換えをするからです。金利が低ければ低いほど、それに伴う利息の金額も減っていきます。

例えば、100万円の借金があったとして、金利が18パーセントであれば利息の金額は年間で18万円となりますが、金利が15パーセントですと利息は年間で15万円となります。年間で3万円もマイナスとなるのです。

ただしそれは、あくまでも1年間で返済を完了させたときの話です。借金の金額が多ければ多くなるほど、おまとめローンを利用する可能性は高くなるといえますが、おまとめローンをつかったからと言って返済が楽にならない場合もあるのです。

仮に100万円の借金があるとして、これを金利18パーセントのローンから金利15パーセントのおまとめローンに借り換えるとします。

1年間であれば、先ほど書いた通り、年間で3万円のマイナスとなります。しかし、ここで返済計画をもう少し緩やかにしようと、返済を1年間から3年間に延長したとしましょう。すると、金利は毎年15万円となり、3年間で45万円となります。

借り換え前が仮に1年間での返済を想定していたとするならば、この借り換えによって利息が27万円も増加してしまうことになるのです。

こういったことを避けるためには、返済総額を見据えた借り換えをすることが重要となります。返済期間を延ばすのであれば、それをしても返済総額が大して変わらないようなおまとめローンを選ぶことが重要です。

先ほどの例でいけば、金利が年6パーセントのおまとめローンにすれば、3年間の利息総額は18万円となり、借り換え前と同じ利息の総額ながら、返済期間が3年に延びています。

審査は通常よりも厳しい

おまとめローンと言う名前がついていると、何だかとっても優遇してくれる救済政策のように感じてしまいますが、実際はそんなことはありません。おまとめローンであっても、貸金業者にとっては金融商品のひとつであることに違いはありません。当然のことですが、借りる金額が多ければ多いほど審査も厳しくなり、おまとめローンもその例外ではありません。

おまとめローンの場合、通常の新規の借り入れと異なる審査がなされます。通常の借り入れの審査の場合は、その人の収入や職業を重視する傾向にありますが、おまとめローンでは、それに加えて他社からの借り入れを特に重視するのです。通常よりも重視する審査項目が増えることによって、さらに審査は厳しくなり、審査落ちしてしまうケースも少なくはありません。

おまとめローンの審査をうまく切り抜けるためには、借り入れ件数を減らすことが重要となります。おまとめローンの審査では、極端の件数が多すぎると不利になりますので、あまりにも多くの借り入れがある方はいくつか減らす必要があります。

おまとめローンの審査は単純に件数が少ないほど有利とも言えますので、可能であるなら、1件でもいいのでとにかく完済をすること。出来れば、消費者金融の高金利の借金を完済するのがいいでしょう。

詐欺の可能性も

「うまい話には裏がある」といいます。借金に困っている人のもとに「一本化しませんか」と甘い誘い文句で勧誘してくる業者もいます。そんな業者の中には悪徳業者も混じっている可能性があります。

悪徳業者は、甘い誘い文句で手付金や保証金をあらかじめ要求して、結局おまとめも何にもしてくれないと言う手口で、連絡もつかなくなってしまいます。また、おまとめしてもらえたが、その後に法外な金利が適用されてしまったと言うケースもあるのです。

既に借りている金融会社や消費者金融は別として、付き合いの無い業者側から勧誘してくることは通常ではありえませんので、そういったところは相手にしないようにしましょう。

正しく使いたいおまとめローン

おまとめローンは、正しく使えば非常にメリットの大きな借り方です。デメリットをあらかじめ知っておき、その対策もあらかじめ知っておけば、もう怖いものはありません。

ただし、それはあくまで返済をしっかりと行った場合の話です。何らかの事情によっておまとめ後の返済が出来なくなれば、それこそ債務整理などの最終手段しかなくなってしまいます。

債務整理となれば信用情報にも大きなダメージを与えてしまいますので、そうならないためにも、おまとめローン利用時にもしっかりとした返済計画が重要となります。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る