おまとめローン審査に通らない

多く抱える借り入れを1社にまとめて返済を楽にする「おまとめローン」は、総量規制施行後の今となっては利用者も増えていると言われています。消費者金融でも銀行でも、商品としてのおまとめローンを提供しているところや、商品自体はなくともおまとめとして使えるカードローンは数多く存在しています。

しかし、おまとめローンは審査基準が通常のカードローンよりも厳しいとされているため、通らない方もいます。少額を借りるわけではなく、ある程度はまとまった金額の借り入れとなるので仕方がないのですが、おまとめローン審査に通らない場合にはどうすれば良いのか、少し考えてみましょう。

審査に通らない理由を考える

まず、なぜおまとめローンの審査に通らないのかについてです。おまとめローンは10万円や20万円を借りるのではなく、状況によっては200万円や300万円ほどの大きな借り入れ枠の利用となります。単純に金額が大きくなればそれ相応の収入が必要となるため、年収に見合わないおまとめローンの審査は、通る見込みが低いです。

一部の銀行では申し込み条件に年収の最低ラインを設けていますが、申し込みが出来る最低ラインなだけであり、その基準を満たしているからと言って必ずしもおまとめローンの審査に通るわけではありません。

貸すか貸さないかはあくまで審査結果次第であり、おまとめローンの審査に通るためにはしっかりとした返済が出来るだけの収入が必要となるのです。

また、おまとめローン審査は当然ながら「返済が正常に出来ている」のが通過の最低条件ともなります。借金の整理ではなく借り換えの一種であるおまとめローンは、しっかりとした返済能力が無いと話にならないのです。

他社で借りているカードローンやキャッシングの返済が出来ていない、つまり返済日から遅滞をしてしまっている状況や不足入金、或いは利用先によっては直近半年の返済が正常に出来ているかも審査基準としているところもありますので、返済に問題のある方はおまとめローンの審査には通らなくなってしまいます。

おまとめローンの利用先

おまとめローンの審査基準は、金利が低くなるほどに厳しくなる傾向があります。低金利で魅力のあるおまとめローンとして利用が出来る借り入れ先は、年収や他社の利用状況によっては、呆気なく審査落ちとなる場合が多いです。

自身の状況を加味して利用先を選ぶべきであり、低金利のおまとめローン審査に通らない場合には、金利を目安にして他のおまとめ対応のカードローンやキャッシングを選んでみるのも良いでしょう。

上限金利でも二桁のパーセンテージにいかない低金利の銀行のカードローンがあるとしても、審査に通らないと意味がありません。いくらスペックが良くても借りられないと、おまとめが出来ないと申し込む側としては何の意味もありません。

もちろん返済が正常に出来ているなら通る可能性があるので、申し込みをすること自体は悪くはありません。しかし、低金利のおまとめ対応の金融機関に申し込みを行い、審査に落ちたとすると、似たスペックを持つ他の金融機関の審査は同じように厳しい結果となる場合が多いです。

おまとめローンに何を求めるかによっても変わるのですが、低金利に拘りすぎるばかりに立て続けに審査に落ち、気がつけば申し込み履歴が溜まってしまって申し込みブラック扱いになってしまっては、それこそ目も当てられません。

低い金利の金融機関が提供するおまとめローンの審査に通らないのであれば、いくらか金利水準が上がる他の借り入れ先を検討し、まずはおまとめを達成することを第一に考えるのも良いでしょう。

消費者金融のおまとめローン

銀行ほどの低い金利ではありませんが、消費者金融でもおまとめローンを行っているところが多いです。ただ、商品として提供をしているところでは店舗への来店が必要になってしまったり、自動契約機まで足を運ぶ必要があるなど、若干面倒です。

商品としてのおまとめローンを提供していない、カードローンやキャッシングとして借りたお金をおまとめとして使うことが認められているモビットの場合なら、通常の申し込み同様にネットから手続きが進められます。

借り入れ先によって上記のように手続きにあたっての注意点はありますが、消費者金融でのおまとめローンも返済先を1社に絞りたいのであれば、有効なものとなります。

金利はせいぜい15.0%程度になる場合が多いため、利息の負担はそこまでの軽減は期待が出来ません。しかし、月の返済が1回の1社で済むのは、大きなメリットとも言えるでしょう。

わけの分からないところに騙されない

おまとめローンに関しては、わけの分からないところが多いのも事実です。闇金融や悪徳業者が絡んでくるものも多く、何かとトラブルの元にもなります。また、おまとめローンよりも債務整理を勧めるような法律事務所もあり、知識がない状態で債務整理をほいほいと行うと今後数年間、場合によっては着手をしてから10年近くに渡って私生活に大きな悪影響が出てしまいます。

ネット上で「おまとめローン」と検索をしてもよく分からない情報も多くあり、上にも書いたようにおまとめローンのデメリットなどと並べながら、債務整理をさせようと、着手金や成功報酬で儲けようとしているところがあるのも事実です。

通常のカードローン利用よりも慎重に考えるべきおまとめローンは、審査に通る通らない以前に、しっかりとした情報を持っておくことが大切です。思い付きで申し込むのではなく、よく考え、返済計画を立てた上で利用をするようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る