大手以外の消費者金融

消費者金融と聞くとまずイメージするのがプロミスアコムモビットなどのTVCMでも見かけるような大手ですが、消費者金融自体は大手以外にも数多く存在しています。消費者金融の人気ランキングなどを見ると上位は大手が並んでいるので大手以外にはもはや存在していないと感じられてしまいますが、中堅どころやそれよりもさらに規模が小さくなる消費者金融もあります。

中堅どころでは銀行のグループとなるところもあり、名前をあまり知らないだけで規模自体はそこまで小さくない消費者金融もあります。ただ、小規模な消費者金融となると名前を聞いたことがなく、正規の貸金業者であるのかすら疑わしくなってしまうようなところもあります。

例えば、スピリッツキャッシングやエクセル、アルクといった消費者金融は、果たしてどれだけの方が知っているでしょうか。多くの方は初めて聞いた、見たこともない名前で、そもそも正規の貸金業者ではない闇金融なのではないかとも感じられてしまいます。

しかし、上記3サービスはれっきとした正規の貸金業者であり、それぞれの都道府県での貸金業としての登録もしっかりとされています。金利に関しても法律に基づいており、法外な利息を請求されることはありません。

小規模なところは闇金融と紙一重

小規模な消費者金融を悪く言うわけではなく、何もそこが闇金融に近いなどといった意味ではありませんが、小規模な聞いたことのない消費者金融は、詳しく分からない方にとって闇金融なのかの判断が難しくなってしまいます

貸金業としての登録番号を確認し、金融庁のホームページで照会を行えば正規の消費者金融であるか闇金融であるかの判断は簡単にできますが、よく分からない方はとにかく登録番号が書かれていれば正規の消費者金融であると感じてしまいます。

しかし、一部の闇金融は全く関係がない他社の登録番号を勝手に載せていたり、既に廃業がされている他の貸金業者の番号をホームページ上などに載せている場合があるので、番号が書かれているからといって必ずしも正規の消費者金融とは限りません

正しいかどうかを確認するためには金融庁のホームページで照会を行う必要があり、そこまでするのが面倒、そもそもそのような確認方法があることを知らないといった方にとっては、小規模な消費者金融で借りるのも闇金融で借りてしまうのも紙一重です。

やはり安心して借りるなら大手、または中堅どころまでにしておくべきで、できることなら小規模な消費者金融での借り入れは考えない方が良いです。寧ろ、大手で借りられなくなり、中堅でも審査落ちとなって小規模な消費者金融での新たな借り入れを考える状況は、借金を増やすことよりも片付けるための整理も検討する段階に来ているとも言えます。

それでもお金が借りたい場合

絶対に返済ができる見込みがあり、少額でも良いから借りたいと言うならば、正規の貸金業者である小規模な消費者金融に申し込みを進めてみましょう。小規模なところでもネットでの申し込みに対応をしているところがあるので、近くに店舗が無くても手続きは進められるようになっています。

ただ、大手消費者金融とは異なり自動契約機などは設置しているはずもなく、店舗に関しても本店の一店のみとなる場合がほとんどです。そのため、地域を限定していることもあり、日本全国ではなく一部の地域に利用が限られる場合もあります。

取り立てなどを考えると本店から近い地域で貸し付けた方が都合がよく、本店から近ければ返済もしっかりと行うだろうといった消費者金融側の考えもあります。やはり小規模な消費者金融での借り入れを考える方は他社での多くの借金を抱えている場合がほとんどなので、貸す側としてもリスクがあります。リスクを抑えるため、いざ返済ができなくなったときのために、地域を限定しているのです。

特に対象地域が限られていない消費者金融でも、小規模なところでは実際に貸し付けるのは地元の方だけとしている場合もあります。店舗から大きく離れている申し込み者はそのまま審査落ちとなってしまうので、小規模な消費者金融の審査基準は大手以上に謎な部分が多いです。

規模が小さな消費者金融は公式ホームページ上の情報にも乏しく、大手のような親切なつくりにはなっていません。分からない部分も多いので、申し込みを進めるのであれば不明点は問い合わせるようにしてください。

借り入れは少額に限られる

小規模な消費者金融で借りるとしても、借りられる金額は少額に限られます。大手でも初回は大きな金額は借りにくく、大体は20万円前後となる場合が多いですが、規模が小さな消費者金融ではさらに少額となる場合がほとんどです。

他で多く借りているからこそ小規模な消費者金融を利用するので、総量規制の関係で借りられる金額も限られてきていることも多いです。それを含めても借りられる額は5万円や多くても10万円程度となることが多いため、まとまった金額を借りるなどは考えない方が良いです。

また、中堅どころを含めて大手以外の消費者金融でも、おまとめローンとしての借り入れの一本化ができるような商品を用意している場合があります。大きな金額で借りて複数の借り入れをまとめる借り方となりますが、実際には利用は難しいと考えておきましょう。

大手であっても銀行カードローンであっても慎重になるおまとめローンが、中小の消費者金融で利用ができるとは言えません。おまとめ目的で申し込みをしても実際に借りられる金額は5万10万となるケースも多く、そのまま余計な借り入れが増えてしまうことになるのです。

仮におまとめが利用できたとしても金利水準は所詮は消費者金融のものとなるため、本格的に真剣におまとめローンで返済負担を減らすことを考えるのであれば、オリックス銀行カードローンソニー銀行カードローンなど、低金利で高限度額となる銀行カードローンを見ておくべきです。

小規模な消費者金融での借り入れを考えるような状況では、既に銀行カードローンの審査に通過ができなくなっている可能性が高いです。余計な申し込みをしても信用情報を汚すだけなので、借りられる見込みがないと判断できるのであれば銀行カードローンへの申し込みは控えた方が良いでしょう。

取り立ては厳しくなる

大手の消費者金融や銀行は、イメージの問題もあるので取り立てがされたとしてもそこまで厳しくはしません。一昔前は大手の消費者金融でも厳しい取り立てが繰り返されていましたが、貸金業法の改正などもあって昔ほどではありません。

しかし、小規模な消費者金融の場合には返済が遅れれば厳しい取り立てがされる場合が多いです。あくまで法律の範囲内ではありますが、返済が長期に渡って遅れれば大手以上にしつこい取り立てがされる可能性があるのです。

大手ほど潤沢な資金を持っていない小規模な消費者金融は貸したお金をしっかりと回収しなければならず、元々リスクがある申し込み者に貸しているため、回収のための方法や手段も整えています。暴力的な取り立ては行わないものの、支払いがされなければそれなりに厳しい対応を取られることとなります。

取り立てが厳しくてもやさしくてもしっかりと返済を行うのが借り入れの基本ではありますが、何らかの事情によって返済が遅れた際に相談に乗ってくれるのは、やはり大手です。借りるのであれば大手の消費者金融の方が良いのは言うまでも無いので、できることなら小規模な消費者金融での借り入れを考えるような状況にならないよう、計画的な借り入れや利用を心がけてください。

小規模な消費者金融でも審査落ちになってしまったからと闇金融で借りてしまうと、大きなトラブルに繋がる可能性が高くなります。間違っても少額でも闇金融からは借りないようにしましょう。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る