お金に困っている人を助ける体の法律事務所

法律事務所と言っても様々な種類があり、扱っているジャンルや得意とする事件は事務所や弁護士によって異なります。特にここ数年で増えているのが「借金問題」に特化した、寧ろ借金問題ぐらいしか扱わない弁護士事務所です。

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードの使いすぎで返済が出来なくなってしまった方を、着手金や成功報酬で相談者に多くのお金を請求しつつ、債務整理を行ったり過払い金の請求をするのです。

返済が出来なくなってしまっている方にとっては助かりますが、全ての法律事務所が正しく手続きを進めてくれるとは限りません。中には怪しい弁護士やそもそも弁護士ではない素人が違法に行っている場合もあり、何かとトラブルの元にもなってしまうのです。

法律事務所自体が胡散臭いとする見方

債務整理問題を扱う法律事務所は、言い方は汚いですがお金が無い相談者からお金を取る商売です。「消費者金融に高い利息を支払い続けるのは勿体無いですよ!だからウチで債務整理を!」などと言い、さらには「消費者金融の高い金利と利息は損」とまで言いたげです。

「損」と言いながらも、借金問題ばかりを扱う法律事務所は借金に困る方がいなくなれば商売上がったりです。簡単に言えば、高い金利で借金に困る方がいなくなれば、借金問題ばかりを扱っている法律事務所は成り立たないとする向きもあります。

たしかに消費者金融のカードローンは金利が高いです。返済に困ってしまう状況になるのも事実でありますが、そこまで言いながらも、消費者金融に支払うべく利息と同じような金額を請求する債務整理手続きの着手金、成功報酬に善意はあるのでしょうか?

今の世の中、お金に困ってしまう方は多いです。弁護士の高い債務整理費用は払えないけど借金を何とか片付けたいと考えるなら、特定調停によって支払えなくなった借金の減額も可能ではあります。専門知識がなくとも、裁判所の調停委員と呼ばれる専門知識を持った方がサポートをしてくれる債務整理手続きとなりますので、詳しい内容や法律について疎い方でも安心です。

債務整理にかかる費用、ご存知ですか?

債務整理は特殊な個人再生を除けば、手間を惜しまない方なら全て自分一人で進められるものばかりです。裁判手続きが必要となる自己破産等の場合には必ず必要となる費用こそありますが、法律事務所に依頼をよるよりも遥かに安い金額で進められます。

そもそも、法律事務所に支払う債務整理の費用がいくらぐらいか、大まかな範囲でも良いのでご存知の方はどの程度いるでしょうか?お金が無くて相談をするのだから、そんなに高額な請求はされないと考えがちですが、2万円や3万円程度のものではありません。

一律で決まっているわけではないのであくまで大体の相場といったところですが、自己破産や個人再生であれば30万円程度+裁判手続きや郵送に必要となる費用の負担です。任意整理なら債権者1件あたり着手金が4万円前後+借金が減額された場合には、別途減額報酬として10%程度が取られます。

減額報酬とは、元の債務から任意整理によって減額できた金額に対するものであり、例えば5社から50万円ずつの総額250万円の借金があり、任意整理によって50万円まで借金が減ったとすると、200万円が減額されたことになります。

報酬は減額された200万円に対する10%となるため、最終的にかかる任意整理の費用は着手金の4万円×5社 = 20万円に加え、成功(減額)報酬として20万円の、5社の任意整理で40万円もの費用がかかるのです。

「40万円もあるならカードローンの返済をする」と考えるのも当然であり、法律事務所側もそのあたりは承知をしています。そのため、費用に関しては後払いや分割も可能としており、一応は負担の分散は出来ます。

しかし、40万円を支払うことには変わりなく、支払いが遅れると変な法律事務所では消費者金融よりも遥かに厳しい取り立てをしてくるところもあるなど、ニュースにもなるような怪しい弁護士がいるのも事実です。

過払い金を取るにもお金がかかる

自己破産にしても任意整理にしても、自分で進めるのは面倒といった場合には法律事務所が役立つ場面はありますが、過払い金の請求に関しては任せる必要性が見出せません。今ではネット上に過払いシミュレーターもあり、比較的簡単に算出が出来ます。

昔のグレーゾーン金利で支払ってしまった利息は返還されるべきですので、過払いが発生しているなら、しっかりとした手続きで業者に請求をすれば、自分一人で取り返せます。しかし、面倒臭がって法律事務所に依頼をすると、過払い報酬は戻ってきた金額から20%程度が取られます。

過払い金は、2010年以前に長期間に渡ってカードローンやクレジットカード等のキャッシングを利用していた方であれば、100万円以上発生している場合もあります。自分一人で請求をすれば丸々取り戻せたはずが、依頼をすれば成功報酬で20%の20万円が持っていかれてしまい、自分の手元には80万円しか届かないのです。

はっきり言って、過払いの請求は内容の証明さえ出来れば、法律事務所にとってはボロい商売と言えるでしょう。何せ、正当な理由で返還請求をするだけであり、業者側は減額を和解を求めるぐらいしか手立てはないのですから、法律を盾にした請求であれば何ら難しいものではないのです。

高いお金を払ってブラックに

債務整理をすれば信用情報に事故履歴が記載され、ブラックになります。言い方は悪いですが高いお金を払ってブラックにしているのです。もちろん借金が整理出来るメリットはありますが、わざわざ高い費用を払う必要があるのかは分かりません。

また、ごく一部の法律事務所ではありますが、過払い金が発生しているにも関わらず「過払いは無かった」「業者が応じなかった」などと言って、ポケットにしまってしまったりするケースもあるようです。

もちろん違法行為ですが、最近では借金問題を扱う法律事務所が増えすぎているため、儲けを出すために違法行為に手を染めてしまうところもあるのです。

相談をするなら信頼の出来るところで

法律事務所に対して否定的な内容とはなっていますが、あくまで個人的な意見であり、債務整理そのものを否定しているわけではありません。カードローンの返済が出来なくなれば債務整理をするのは決して間違いではなく、そのままにしていて大きな問題に発展してしまうぐらいなら、債務整理を進めるのが正しい選択であるのは言うまでもありません。

ただ、自分で行わない依頼をする債務整理に関しては、しっかりとリサーチをした上でどの法律事務所に相談をするべきかを決めるようにしましょう。無料で法律相談を受けてくれる窓口もありますので、ネット上にある様々な情報を頼りにしながら、自分にとって最適と思われる債務整理手続きを進める必要があるのです。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る