昔のザル審査が懐かしい今日この頃

現在では総量規制とする、年収の3分の1までしか借りられない貸金業法が定められてしまったため、消費者金融などの貸金業者からはカードローンの利用制限が出来てしまいました。一応は例外が設けられていることや、銀行は総量規制の対象外となっているので、場合によっては借りられる可能性はあるのですが、複数のカードローンで多くの金額を借りるのは難しいです。

総量規制が出来る前、消費者金融がバブルとも言われていた時代は、金融会社が貸し付けをするかしないかはそれぞれの審査基準によるものであったため、返済が出来ると踏めばたとえ年収の倍の金額であろうと、貸し付けても良かったのです。

とは言ってもさすがに倍まで貸す業者はあまり見かけなかったものですが、「年収 = 借り入れ金額」となっている方も少なくは無かったのです。

滅茶苦茶な審査をする大手

当時の消費者金融の最大手とされていたところは、支店ごとのノルマが厳しかったことも影響してか、とにかく新規への貸し付けも滅茶苦茶なものでした。様々な問題を起こして今ではほとんど名前も聞かなくなった消費者金融ですが、当時は最大手としながらも滅茶苦茶な貸し付けをしていたのです。

年収が250万円程度の方が、店舗に併設されている自動契約機で20万円の希望で申し込みをすると、「契約機では判断出来ないから窓口に来てほしい」と言われます。窓口の扉を開けて話を聞くと、現状では希望額での審査が厳しいと告げられます。

年収250万円に対して既に50万円と30万円の借り入れがあるためで、しかもたまに返済が遅れていたりするので、現在であれば総量規制の面でも、審査基準の面でもまず通らない水準です。

しかし、窓口で話を進めると、どうやら初回は5万円なら融資が可能とのこと。5万円程度を借りても意味が無いので断ろうとすると、一度5万円を満額借りて、翌日以降にそのまま返してくれれば増額が出来るとの話をするのです。

借りたその日に返してしまうと利息が付かないので返済実績にならず、必ず翌日以降に僅かな利息は付くものの、払ってくれれば増額をしますとのよく分からない話を、店舗の担当者にされていたのです。

申込用紙に記入をする際にも、所得証明を提出するわけでもないので、ボーナスや毎月の所得に関してはある程度大雑把で良いとされ、さすがに「多く書いていいですよ」とは言いませんが、同じようなニュアンスで言ってくる滅茶苦茶さです。

資金使途は「レジャーでいいですよ」と、もはや資金使途などは無関係であると言わんばかりであり、言われた通りに申し込みをすると5万円の融資枠と、カードが発行されていた時代です。

言われた通りの返済で増額

5万円をそのまま借りて、言われた通りに翌日に5万円とちょっとの利息をつけて返済をすると、電話がかかってきて「増額いけました」とのこと。5万円から20万円まで上がり、当初の希望金額であった金額まで借りられるようになります。

しかし、それだけでは終わらないのが当時の凄いところで、5万円のときと同じように20万円を借りて翌日に返してくれれば、更に増額が出来るかもしれない、と。言われた通りにすれば今度は枠が50万円まで上がります。本来は20万円必要だったのに50万円まで貸し付けるとは、とても今では考えられない審査基準です。

50万円の枠となった後も同じように「100万円まで出せるかもしれません」と、1日だけ借りて返済をしてみてほしいと持ちかけられます。言われた通りにすれば、さすがに審査に時間がかかり、店舗への来店も必要となったものの、100万円までの枠が用意されたのです。

年収が250万円程度の人が、この時点で抱えた貸し付け枠は50万円、30万円、100万円で180万円となります。年収の半分を超えている借金は通常であれば支払いが出来ないラインとも言われますので、当然と言えば当然ですが、債務整理で解決をすることになってしまいます。

金融業者としても払えっこないと分かっていながらも、当時はノルマの達成、貸し付け枠の拡大のために無理にでも貸そうとしていた時代であり、グレーゾーン金利もあって消費者金融バブルとなっていたのです。

何だかんだで今は安心

昔のカードローン審査は言わば「ザル」だったので、5社も10社も正規業者から借金を重ねる方もいました。それだけ消費者金融の数も多く、他社で借りて返済を回してくれればいいとする考えもあったので、各社ともどんどんと貸していたのです。

借り手側としては必要なときに借りられたため、良いと思える部分はあったのかもしれません。しかし、現在よりも遥かに高い金利で、収入に対してとても返済が出来ないような金額を借りてしまっていたのでは、結局は最終的に自分が困るだけです。

総量規制によって借り入れの制限ができ、カードローンの利便性も失われたとする声もありますが、そうは言っても現在のカードローンの方が安心出来るのは間違いのないことでもあります。金利面にしてもそうですが、返済が出来る範囲で借りられるようになっているのは、利用者からすると結果的に自分自身を守ってくれるものとなっているのです。

闇金融問題はいつの時代も

昔の滅茶苦茶だった時代は借り入れが増えすぎて返済が回らないときに、今では総量規制によって借りられない方が利用してしまうようにと、カードローンと闇金融問題は何かとついて回るものです。総量規制によって借りられない人がいる、そのせいで闇金融の利用に繋がってしまっているとの声もありますが、実際にはどうなのでしょうか。

現在は闇金融に対する締め付けや摘発が強化されているので単純な比較は出来ませんが、昔の貸金業法が改正される前、総量規制が出来たりグレーソーン金利が撤廃される前の方が、闇金融の利用者も数も圧倒的に多かった気がします。

結局、借り入れが多くて借りられない方はいつの時代にもいるものですので、総量規制があるからと言って闇金融利用に直接結びつけるのは、少し無理があるのではないかと個人的には思います。

昔も滅茶苦茶な貸し付けを行っていたとは言っても、しっかりと考えてカードローンを使い、生活に役立てている方もいたのも事実です。

結局は、今も昔も、総量規制があろうが無かろうが利用者のモラル、計画性の問題でもありますので、カードローンを利用する際にはよく考え、無理なく返済が出来る範囲で借りるようにしなければならないのです。

このページを見た方に人気のカードローン

借り入れ先
詳細ページへ
金利や
実質年率
限度額
極度額
審査時間
※目安
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短60分
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~
17.8%
最高800万円 最短即日
プロミス 4.5%~
17.8%
1~500万円 最短30分
アコム 3.0%~
18.0%
1~800万円 最短30分
モビット 3.0%~
18.0%
1~800万円 10秒
簡易審査

審査時間はあくまで最短で終わった場合の目安となります。申し込みの状況や内容によっては、最短で表示されている時間以上にかかる場合もあるため、余裕を持って申し込みを行いましょう。

ページトップへ戻る