土曜日も日曜日も即日利用も可能なプロミス

申し込みをした当日の借り入れは、通常の銀行振り込みの場合には平日のみ、それも14時までにWeb契約を完了させないと利用が出来ません。しかしそれはあくまで「通常の銀行振り込み」に限る話であり、違った方法であれば週末の土日であっても、平日の14時以降であっても、即日でお金を借りられるようになっています。

契約後であればプロミスのカードを使えば、コンビニでも銀行でも対応するATMでいつでもすぐに借りられますが、申し込み当日となるといくつかの条件がありますので、しっかりと確認をしておきましょう。

最寄のプロミスの自動契約機を使う場合

土曜日でも日曜日でも営業をしている、無人のプロミス自動契約機を使う方法は、週末の即日融資においてはメジャーな方法であると言えるでしょう。プロミスに限らず、他のカードローンサービスでも契約機なら週末でもOKとしているところが多いため、最も知られています。

借り方はシンプルなものであり、自動契約機まで行って契約をし、その場でローンカードを受け取ってすぐに借りる流れとなります。申し込みも自動契約機で出来るので、必要となる本人確認書類、限度額や他所の利用状況、または審査結果によっては必要となる可能性のある所得を証明する書類を持って行けば、夜でも営業時間内なら当日中の契約が可能です。

ただ、じつは自動契約機の手続きの前には、ネットで申し込みを済ませられるようになっています。パソコンでもスマホでも、予めプロミスのホームページから申し込みをして審査を受け、一先ず仮審査を通過出来た場合にのみ、契約機に行くのです。

自動契約機で申し込みをするのと何が違うかと言えば、時間の節約と、可能性として考えられる無駄の排除です。借りたいと思ってプロミスの自動契約機に行っても、誰もが必ず借りられるわけではありません。申し込みをしても審査落ちとなってしまう方も少なからず出てきてしまい、契約機まで行ったのに審査落ちとなれば、時間も何もかもが全て無駄となります。

しかし、事前にネットで申し込みをしておけば、無駄が排除出来ます。仮審査結果がOKとなってからプロミスの自動契約機に行けば良いため、手続きがスムーズです。もちろん仮審査≠本審査ですので、何からの事情によって仮審査ではOKでも、本審査ではNGとなる可能性は残されています。

審査落ちとなる方のほとんどは仮審査でNGですので、予めネットで申し込みをするのは、合理的で最も無駄が無い方法と言えるのです。

自動契約機の営業時間は場所、取り扱いサービスは随時変更の可能性があります。手続きをする際には、必ず事前にご自身の目でプロミス公式サイトをご確認下さい。

第00位
★★★★★
プロミス
最短30分回答となるネット審査完了後の契約機利用で早い借り入れの、人気のカードローンのプロミスです。
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
プロミス
ネット審査完了後に契約機に行けば、夕方や週末の土曜や日曜であっても、最短で当日中のカード発行も可能となります。申し込み時間によっては翌営業日の扱いとなる場合もありますが、早ければ最短1時間融資ともなりますので、急ぎで借りたい方に人気の借り入れ先となっています。

一部の金融機関に限る週末の振り込み融資

プロミスには他とは違うサービスがあります。「瞬フリ」と呼ばれる文字通り早い振り込み融資のサービスとなり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば、最短10秒で24時間対応の振り込み融資が利用出来ます。
※詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。

利用のためにはプロミスの会員メニューより口座の登録が必要となりますが、契約をすればすぐに登録が出来ます。つまり、週末の土日であっても、Web契約をした後に口座の登録をすれば、そのまま瞬フリによって土曜日でも日曜日でも、即日で銀行振り込みで借りられる可能性があるのです。

口座の登録には手続きの都合上、22時までとする制限こそありますが、22時までに口座の登録だけを済ませておけば、後は何時でもメンテナンス時間や利用停止時間を除けば、いつでもすぐに利用出来ます。

振り込み融資となれば通常は郵送されてしまう明細についても、Web明細の利用登録をしておけばWeb上での交付となり、郵送では届けられません。

ただ、Web契約となれば後日のカード類の郵送は避けられませんので、郵便局留めを活用するなどしてうまくやり過ごすようにすれば、家族にバレにくい借り入れが出来て安心です。

プロミスの土日融資に関するよくある質問
どちらかの方法なら絶対に当日に借りられますか?
時間内なら必ず当日に契約出来ますか?
手続きの都合上、翌営業日扱いとなってしまう場合があります。自動契約機に行く方法でも、プロミスの瞬フリを使う方法でも、どちらも可能性としては考えられてしまいます。また、契約にしても例えば週末で勤務先が休みで在籍確認が行えない、書類の不備によって週末ではどうにもならないなどの理由によって、その日のうちに契約が出来ない可能性はあります。
「最短」即日である点に注意して使う

プロミスのカードローンでも他の早い融資を売りにしている消費者金融も、どこも基本として「最短」即日融資「も」可能としています。僅かな言葉の違いですが、「即日融資可能」ではないのです。

審査結果や振り込みにかかる手続き上、その日の処理に間に合わない場合もあります。在籍確認の面も含め、自分自身ではどうにもならない部分もありますので、一応は頭に入れておくと良いでしょう。

プロミスの金利や審査時間の基本情報を把握する

申し込みはネットで24時間行え、パソコンはもちろん、スマートフォンからでもスムーズな手続きができ、店舗にも自動契約機にも行きたくない方は、一度も来店せずとも契約も出来るようになっています。

プロミスは一定期間無利息となるサービスがある

初めてのプロミス利用で、Web明細交付の利用とメールアドレスの登録を済ませると、30日間の利息が発生しない借り入れが利用出来ます。

ページトップへ戻る