低い利率が魅力のカードローン

知名度も信頼性も高い三井住友カード株式会社が提供するカードローンの「三井住友カード ゴールドローン」は、まとまった金額だけでなく、少額の利用時においても低い金利で借りられるのが大きな魅力となります。

利用枠に応じて適用される実質年率は上限でも9.8%、下限であれば3.5%と銀行の低金利カードローンにも劣らない優れたスペックです。

資金使途は自由となっており、個人が使う生活費であっても趣味やレジャーの出費であっても、または他社での高い金利でのキャッシングを借り換えたり、複数の借り入れがある方はおまとめローンとしてのゴールドローンの利用も可能となります。

低い金利で借りれば毎月の返済負担も軽減されますので、カードローンを低負担で利用をしたいと考えている方は、三井住友カードのゴールドローンを見ておきましょう。

最大700万円の大きな枠を用意

信販系のキャッシングは限度額が小さい商品も少なくありませんが、三井住友カードのゴールドローンは最大で700万円の枠まで用意をしています。いくら借りられるかは審査の結果次第で、審査の連絡は最短1日と早く、カードの発行までも最短で3営業日ほどと、比較的スピーディな手続きに期待が出来ます。

実際にカードの到着、受け取りとなるのは最短で1週間ほどとなりますが、最大で700万円までの枠で利用が出来るカードが最短1週間で受け取り可能となるのは、十分に満足のいく水準と言えます。

もちろんどうしても今日中に借りたい、お金がどうしても明日や明後日までに必要となる場合には向きませんが、ある程度は日程に余裕があるのであれば、金利面でも優れている三井住友カードのゴールドローンを考えてみるのも良いでしょう。

早くに借りたい方は金利面で見劣りがしますが、プロミスアコムといった最短即日融資に対応する消費者金融や、銀行の中でも早い手続きとなるソニー銀行カードローンなどを見てください。

第00位
★★★★★
三井住友カード ゴールドローン
ネットでの申し込みと郵送でのカード受け取りで、来店不要で借りられる低金利カードローンです。
三井住友カード ゴールドローン
実質年率利用枠審査時間カード受取
3.5%~9.8%700万円まで最短1日最短1週間程
三井住友カード ゴールドローン
ネット上でのオンライン申し込みで手続きが始められ、郵送でのカード受け取りとなるので来店不要で契約まで完結できます。受け取ったカードは提携ATMで借り入れや返済が行え、カードを使わずにインターネットを利用した手軽なキャッシング利用も可能です。明細は紙で発行がされずにWeb上で確認をするWeb明細書サービスがあるため、利用のたびに自宅宛に明細の郵送物が届くこともありません。

利用枠に応じて異なる金利

三井住友カードのゴールドローンは利用枠に応じて金利が変わり、大きな枠での契約となれば金利は低下していきます。銀行となるので若干ながら異なりますが、オリックス銀行カードローン限度額に応じて金利が下がるのと同様です。

適用される利率は50万円~290万円以下で9.8%、300万円~490万円で7.8%、500万円~690万円で4.5%、そして最大枠の700万円で3.5%の実質年率となります。

最大枠での3.5%は言うまでもありませんが、少額利用時においても金利は9.8%が上限となり、消費者金融で実際に適用がされる利率の最大18.0%となる借り入れと比べれば大幅に低い金利となっています。

また、三井住友カードのゴールドローンには利用実績に応じた金利引き下げもあり、長く使うほどに得をするようになっています。返済の遅延がないことが条件となりますが、利用年数が1年経過するごとに金利が年間0.3%、最大で1.2%まで引き下げがされます。

最も少額利用で三井住友カードのゴールドローンの上限金利となった場合では、契約時には金利は実質年率で9.8%となりますが、返済を遅れずに5年目まで進めた場合には、適用される利率は8.6%まで下がります。

消費者金融でも銀行でもカードローンは利用実績を積むと金利が下がる可能性、限度額が上がる可能性がありますが、具体的にどの程度の金利引き下げとなるのかなどは明記がされていません。そもそも本当に金利が下がるかは分からず、あくまで利用実績やその時点での審査結果次第です。

対して三井住友カードのゴールドローンでは、返済の遅延がない場合には返済実績に応じて明確に金利が下がるので、長くカードローンを使う予定の方、高い金利から借り換えてゆったりと返済を進めたいと考える方にも適しています。

返済も毎月の約定入金以外にも、臨時での任意返済も可能です。積極的に繰上げ返済を行うと更に金利による利息負担が軽減されるため、賢く便利にカードローンが利用できるようになります。

借り換えとして利用する際には

三井住友カードのゴールドローンは様々な用途に人気の商品で、高い金利からの借り換えや複数キャッシングのおまとめローンとしての利用にも注目を集めています。やはり低い金利となる点が三井住友カードのゴールドローンの魅力で、低負担で返済を進めたいと考えるなら候補に挙がってくるのです。

借り換えとして三井住友カードのゴールドローンを使う際には、今現在の借り入れと単純に金利を比べれば良いですが、一点だけ気をつけておきたいのは毎月の返済金額です。

三井住友カードのゴールドローンの返済は元金定額返済となり、月々の返済金額自体は比較的大きく設定されています。利息と元金を合わせて入金をするのは他のカードローンと同様ですが、月々の返済金額は最低でも2万円と、借り入れ金額次第では負担が大きくなります。

ただ、月々の返済金額が大きければ最終的な利息は軽減されるため、返済金額が大きいことは必ずしもデメリットであるとは言えません。

おまとめローンに適している

また、おまとめローンとして三井住友カードのゴールドローンを利用する際も同様に、金利と毎月の返済金額で比較をしたいものです。今現在の複数の借り入れを合計した金額と、三井住友カードのゴールドローンで借りた場合の枠に対する金利を比較し、どの程度の金利軽減が期待できるかを見ておきましょう。

複数のキャッシング利用があるとどうしても数年間といった長期の返済期間を要してしまいますが、多くの借り入れを三井住友カードのゴールドローンにまとめることにより、同じ長期の返済でも負担の大幅な軽減も可能となります。

三井住友カードのゴールドローンは上にも挙げたように利用実績によって金利が引き下げられるためで、細かく複数から借りていて返済が長引きそうであれば、三井住友カードのゴールドローンでおまとめローンとして利用をした方が最終的な利息負担には大きな開きが出る可能性があるのです。

借り入れ枠が大きくなると三井住友カードのゴールドローンでも返済額が増えてきますので、おまとめ前の毎月の返済総額をしっかりと確認、おまとめ後との差も比較をするようにしてください。

利用条件をよく見ておく

三井住友カードのゴールドローンは銀行からの借り入れではないので、総量規制の対象となります。借り入れは年収の3分の1までに限られ、自身に収入を持たないと申し込み条件が満たせません。専業主婦の方の申し込みは出来ず、低金利の商品である点を考えればアルバイトやパートの方も審査通過は難しい傾向にあります。

安定したそれなりの水準で収入を持っている必要があり、専業主婦の方が借りるなら対応をするイオン銀行カードローンを見ておく、アルバイトやパートの方は消費者金融のキャッシングを考えるなど、自身に適する借り入れ先に申し込みをすると良いです。

また、三井住友カードのゴールドローンの利用が出来たとしても、返済に関してはしっかりと遅れずに進めるようにしてください。返済が遅れると実績に応じた金利引き下げも適用されなくなる可能性がありますので、今後の利用においても大きく不利となってしまうのです。

どこで借りるにも当然と言えば当然ですが、借りたお金に対する返済は遅れず不足せずにしっかりと行い、信用を崩さないように気をつけてください。

どうしても返済日までに間に合わない、金額が足りない場合には、まずは三井住友カードのコールセンターに電話をして相談をしましょう。黙って遅れるのが最もよくないので、困ったことがあればまずは相談です。

ページトップへ戻る