比べて分かる低い金利

住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」は、プレミアムコースでの借り入れとなれば金利が年0.99%~7.99%の低い利率が魅力で、借り換えやおまとめとしての利用にも適するカードローンとなっています。

下限金利の年0.99%での借り入れは所定の条件を満たした場合に限られますが、仮に上限金利での契約となったとしても年7.99%と、他の低金利カードローンと比べても十分に低い水準であることが分かります。

利用限度額に関しても優れた内容となっており、審査の結果次第で最高で1,200万円までの借り入れが可能です。大きな金額を必要とする出費や、他社でのいくつかの借り入れをまとめたいときにも大きな限度額は頼れるため、金利でカードローンを選びたい方には住信SBIネット銀行のMR.カードローンに注目です。

仮審査は最短60分で完了

低い金利のカードローンは審査に時間がかかる、手続きが面倒といったイメージがありますが、住信SBIネット銀行のMR.カードローンは来店不要のネット申し込みで、仮審査の回答は最短60分とスピーディです。

ネット銀行だけあって来店をする必要はなく、住信SBIネット銀行の口座をお持ちでない方でもMR.カードローンの申し込みができるため、今まで住信SBIネット銀行を利用したことがない、知らなかった方でも問題ありません。

住信SBIネット銀行の口座があれば最短即日での借り入れも可能ですが、初回の借り入れに関しては多少の時間や日数はかかると考えておいた方が良いです。低金利のカードローンとなりますので、余裕を持って申し込みを行い、契約を進めるようにしましょう。

仮審査回答は最短60分とは言え、その後に本審査の手続きに入るため、消費者金融大手のプロミスアコムほどの融資の早さはありません。その代わりに金利面ではプレミアムコースであれば消費者金融よりも大幅に低く、金利を重視する方には頼れるカードローンとなるのです。

第00位
★★★★★
MR.カードローン
Web上で素早く申し込みが進められる、プレミアムコースの金利が優れる頼れるカードローンです。
住信SBIネット銀行MR.カードローン
金利限度額仮審査所得証明
年0.99%~7.99%※最高1,200万円最短60分300万円まで原則不要
住信SBIネット銀行MR.カードローン
他社からの借り換えやおまとめにも利用ができるカードローンで、プレミアムコースでの借り入れであれば金利は上限でも年7.99%と他の銀行と比べても低金利です。高い金利で他社から借りている方も、何らかの出費でお金が必要になった方も、金利負担を抑えて借りられる住信SBIネット銀行のMR.カードローンに注目です。
※年0.99%の金利は所定の条件を満たした場合の金利となります。

適用条件に関する注意事項

住信SBIネット銀行のMR.カードローンは、年0.99%~7.99%の金利となるプレミアムコースの他に、条件が大きく異なるスタンダードコースもあります。コースは申し込み時に選べず、審査の結果によって決められます。

審査の結果でプレミアムコースの適用となれば上に挙げた条件での借り入れとなりますが、スタンダードコースとなった場合には金利は年8.49%~14.79%、限度額は最高で300万円までとなります。

どのような条件でどちらのコースになるかは住信SBIネット銀行や、保証会社となるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社によって決められるために明記はされていませんが、収入や信用情報などの面で振り分けられると考えられます。

高いレベルで安定した収入をお持ちの方であれば問題はありませんが、収入面や信用情報、その他の保証会社の審査基準に何かしら引っかかる部分がある方は、プレミアムコースで借りられない可能性もあります。

また、住信SBIネット銀行のMR.カードローンには年収の条件こそないものの、金利面から見ればアルバイトやパートの方では利用が難しいとも言えます。プレミアムコースの利用だけでなくMR.カードローンの審査自体に通らない可能性がありますので、アルバイトやパートの方は他のカードローンで借り入れを検討した方が良いでしょう。

銀行のカードローンは多くがアルバイトやパートの方でも、安定した収入があれば申し込み自体は可能としています。しかし、実際に借りられるかと言えば難しい面があるため、審査基準が銀行とは異なる消費者金融の利用を考えてみましょう。

利用手数料がかからないATM

金利面だけに目がいきがちな住信SBIネット銀行のMR.カードローンですが、金利以外にも様々なメリットがあります。中でも利用時に大きなメリットとなるのがATM利用手数料で、MR.カードローンではイオン銀行セブン銀行、イーネットATM、ローソンATMの提携ATMであれば借り入れも返済も手数料が終日何度でも無料となります。

オリックス銀行カードローンじぶん銀行カードローン、条件付きでソニー銀行カードローンのように提携ATMでの利用手数料が無料となるカードローンはありますが、消費者金融では大手のモビットなどにおいてもコンビニなどのATM利用時には手数料がかかるため、余計な出費がかさんでしまいます。

利用のたびに100円と消費税、金額次第で200円と消費税の手数料がかかると、それだけでカードローン利用時の負担が増えます。カードローンは返済時には利息の負担があるのは当然ですが、それ以上の余計な負担をかけないためにも、ATM利用手数料が無料となるのは大きなメリットとなるのです。

利用限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し借りられる住信SBIネット銀行のMR.カードローンであれば、契約後は提携ATMで手数料を気にせずに必要なときに素早く借りられます。

Webで進められる手続き

ネット銀行である住信SBIネット銀行MR.カードローンは、ネット銀行らしくWeb上で多くの手続きが進められるようになっています。例えば利用限度額が300万円を超える場合に必要となる収入証明書類も、デジカメやスマートフォンで撮影した画像ファイルをWeb上で提出ができるため、面倒で時間がかかる郵送などは不要です。

契約後の借り入れや臨時の返済に関してもWeb上からでも行えます。借り入れは代表口座への振り替え指示ができ、臨時の返済は口座から任意の返済額を振り替えられます。毎月の約定返済に関しては口座引き落としかATMでの返済となりますが、余裕があるときの臨時の返済は手軽にネット上で手続きが可能です。

ネット銀行らしくネット上でのサービスが充実し、金利面に関してもメガバンクの三井住友銀行などのカードローンにもプレミアムコースであれば優れる水準となる住信SBIネット銀行MR.カードローンは、困ったときに頼れる商品となります。

普段の生活費としての利用だけでなく、低い金利と大きな限度額で教育資金やマイカー購入のためのお金、借り換えやおまとめとしての利用価値も高いので、返済の負担を減らしてカードローンを利用したい方は住信SBIネット銀行のMR.カードローンでの借り入れを考えてみましょう。

ページトップへ戻る