銀行カードローンとなるレイク

昔は消費者金融だったレイクは、今では新生銀行カードローンのレイクとして立派な銀行カードローンの仲間入りを果たしています。とは言っても3大メガバンクや低金利のネット銀行、その他の金融機関と比べれば消費者金融のようなサービス内容であり、利用者側としては「銀行だから」と感じる部分もあまり無いでしょう。

レイクが銀行のカードローンになったことで所得証明が100万円まで不要であったりと、貸金業法の縛りを受けない利点はあります。それでも一般的な銀行からの借り入れでイメージする「低金利」であったり「高限度額」であったりは、レイクには当てはまりません

商品スペックとしては消費者金融のカードローンと同等、上限金利に関してはプロミスの方が優れているほどで、特別目立ったカードローンでもないのが、レイクなのです。

審査や融資も早いわけではない

消費者金融は大手であれば最短30分の審査回答、融資も最短1時間融資対応とするところが多いです。レイクの場合には大体の審査時間目安は示されておらず、基本として「申し込み画面に表示」といった表記に留まります。

この言葉だけ見れば申し込み後に即審査結果が見れるように錯覚をしますが、決してそのようなことはありません。最短でもどの程度の時間がかかるか分からない審査後に、ホームページ上での「審査状況のご確認」などからチェックをするため、目立って審査が早いわけではないのです。

また、即日融資も平日14時までの手続きで振り込み対応も可能と、大手消費者金融のカードローンと内容は何も変わりません。寧ろ、プロミスが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば24時間最短10秒振り込みが出来るため、急ぎであればプロミスを使う方が優れているとも言えます(詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい)。

振り込みで間に合わない場合に使える自動契約機にしても、やはり目立って多い設置数ではありません。プロミスやアコム日本全国で1,000を超える自動契約機や、繁華街には有人店舗の設置があるので便利ですが、レイクはそこまでの数はありません。

通常の振り込み融資では対応の出来ない夕方や週末には、自動契約機が近くにある方が素早い即日融資のためには便利で助かります。その点でも、レイクは大手の消費者金融に劣ってしまうのが事実なのです。

無利息サービスの利点と欠点

レイクには他社には無い「選べる無利息」のサービスがあります。上にも挙げたプロミスアコムは、それぞれ条件付きで初回30日間の無利息期間が付いてきますが、レイクの場合には初回契約時に30日間全額無利息か、または180日間5万円まで無利息の利用が出来ます。

全額30日であれば他の無利息サービスと変わりませんが、180日間5万円まで無利息は、レイクならではの良さとも言えます。

およそ半年に渡って無利息で使えるのは大きなメリットとなり、5万円と金額の制限こそ厳しいですが、仮に丸々5万円を上限金利の18.0%で借りているとすると、180日間での利息は4,438円になります。単純計算では4,500円弱がお得になると感じますが、実際には異なる場合がほとんどです。

と言うのも、カードローンの利息は借りている金額に対して発生するため、5万円を丸々180日間借りているのは「返してはすぐ借りて」を繰り返さない限りは、現実的ではありません。月々、支払うたびに元金が減りますので、発生する利息も少しずつ減っていきます。つまり、普通にカードローンを利用している限りは、上記のような利息にはならないのです。

例えば毎月5,000円ずつの返済をしたとすれば、1ヶ月目は利息で739円かかるので、元金分の返済は4,261円となります。翌月は減った元金分45,739円に対しての利息となり、利息は676円、元金分は4,324円となります。

これを繰り返していくと、計6回の返済を終えた時点で本来支払うべき利息は凡そ3,470円となり、単純計算の4,500円弱よりも1,000円ほどお得分が目減りしているのが分かります。

ぱっと見ると180日間も無利息があるとなると大きく得をする、凄いサービスのように思えてしまいますが、実際には大したことはありません。無利息期間があるからとダラダラと返済をして借金が増えてしまうよりも、さっさと返し終えてしまう方が遥かに賢いカードローンの利用方法であると言えるでしょう。

レイクの利用する理由を考える

レイクは一応は来店不要で最短即日融資も可能なカードローンとなっていますが、契約機に行かずに即日融資を利用するスタイルにはあまり向いていないとも言われています。翌営業日以降で問題ないのであれば利用価値もありますが、どうしても今日中、来店はしたくない方にとってはレイクでは厳しい部分も多いです。

平日14時までとする時間制限があるだけでなく、正式な審査結果の連絡までの時間が明確ではないため、どうしても申し込みから契約までのスケジュールをイメージしづらいのです。最短30分審査回答などの目安となる時間があれば良いのですが、残念ながらレイクにはありません。

最短30分審査回答とは言っても実際には1時間かかることも、或いはそれ以上の時間を要する場合も多々あります。それでも目安となる時間が分かっているのと分からないのでは大きく違いますので、急ぎで借りたい方は早い借り入れも実現可能となる、他の消費者金融や銀行カードローンの検討をしてみるのも良いでしょう。

銀行のブランドで選ぶなら

銀行だからとレイクを選ぶ方は、あまり多くは無い印象を受けます。銀行からの借り入れを考えるなら誰もが知っている大手銀行やネット銀行を利用する方が多く、「銀行」の信頼性でカードローンを選ぶのでれば他にもいくらでも選択肢はあります。

もちろんレイクにはレイクの良さもあり、悪いところばかりではありません。今ではサービス面も充実をしていますので、女性の方でも安心して借りられるようにはなっています。

しかし、今のカードローン業界は競争も激しく、非常に多くの金融機関や消費者金融が、それぞれの独自のサービスを持って魅力的なカードローンを提供しています。

どこで借りるにも一長一短な部分もありますが、はじめからレイクと決め付けるのではなく、色々なカードローンサービスを見て決めるのも、悪くは無いでしょう。

ページトップへ戻る